育毛剤はどれが効くのか

このページでは、育毛剤はどれが効くのかが自分でわかるようになる以下の情報を紹介します。

 

・高い育毛効果が期待できる育毛剤にはどんな成分が含まれているのか
・当サイトでおすすめしている通販型の医薬部外品の育毛剤

 

この記事を読めば、自分のハゲにどれが効くのかマッチングした育毛剤を見つけることができます。

 

目次

 

育毛剤に含まれている高い育毛効果のある成分

 

育毛剤に抗男性ホルモン成分が含まれているか?

男性の薄毛にほぼ100%関わってくるとされているのが男性型脱毛症(AGA)です。

 

M字ハゲやつむじハゲの男性型脱毛症は男性ホルモンの「テストステロン」と酵素の「5αリダクターゼ」が結合し、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が発生することによって発症します。

 

男性型脱毛症を改善するには、上記の上記の3つの物質のいずれか1つの物質を抑制することができれば、男性型脱毛症の発症を止めることが可能です。

 

つまり、髪の毛が抜ける直接の原因である、男性ホルモンの「テストステロン」と酵素の「5αリダクターゼ」が結合した「ジヒドロテストステロン(DHT)」を抑え、脱毛を止めるか、「ジヒドロテストステロン(DHT)」と結合する前の男性ホルモンの「テストステロン」と酵素の「5αリダクターゼ」のどちらかの発生を抑えます。

 

そうすることで、髪への直接的な脱毛原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」自体が発生するのを抑えることができます。

 

AGA治療薬にはプロペシアがありますが、市販されている育毛剤には、主に抗男性ホルモン成分として5αリダクターゼの阻害効果がある商品が含まれているのです。

 

▲目次に戻る

 

5αリダクターゼの阻害効果のある成分例

・オウゴンエキス
・ヒオウギエキス(ヒオウギ抽出液)
・キャピキシル
・ノコギリヤシ・・・育毛サプリメントに配合
・亜鉛・・・育毛サプリメントに配合
・アロエエキス
・柑橘エキス(リモネン)など

 

有名育毛剤のチャップアップにはオウゴンエキスとヒオウギ抽出液が含まれています。

 

いま話題のフィンジアという育毛剤には、キャピキシルとヒオウギエキスが配合されています。

 

ちなみにキャピキシルは非常に新しい育毛成分ですが、アカツメクサのエキスとアミノ酸のアセチルテトラペプチド-3によって生成されています。

 

アカツメクサのエキスに5αリダクターゼの阻害効果があるとされているのです。

 

上記のキャピキシルやオウゴンエキスのように5αリダクターゼの阻害効果があると、5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合しません。

 

結果的に脱毛原因物質のジヒドロテストステロンの発生量が少なくなり、その分いままでジヒドロテストステロンが脱毛させていた髪が元気に生えてくるようになり毛量が増えると言うわけです。

 

なので、男性ホルモンによる薄毛の男性型脱毛症の人は、上記のような5αリダクターゼの阻害効果のある育毛成分が配合されている育毛剤を選ぶようにしてください。

 

女性用育毛剤も最近多く発売されるようになってきましたが、女性は男性ホルモンによる薄毛AGAを発症しないため、女性用育毛剤には5αリダクターゼの阻害効果のある成分が配合されていません。

 

女性用育毛剤は、血行促進と頭皮環境を整える育毛成分で作られているため、男性型脱毛症(AGA)対策を行いたい男性は、女性用育毛剤を使うことはおすすめしません。

 

▲目次に戻る

 

頭皮環境を整える成分

頭皮環境が悪化してしまうと、髪の毛に栄養がスムーズに送られなくなってしまいます。

 

例えば頭皮に炎症ができていると、肌の修復に栄養が利用されてしまい、髪の毛の生成に栄養が回されにくくなってしまうのです。

 

髪の毛が細くなって地肌が露出してしまう、といった可能性もあります。

 

頭皮環境を整えるためには保湿作用のある成分や抗炎症作用のある成分、さらに抗菌作用のある成分が育毛剤に含まれていることが重要です。

 

頭皮は乾燥していると、ちょっとした刺激にも弱くなってしまいます。

 

育毛剤によって保湿されることで、皮膚のバリア機能は正常化するわけです。

 

抗炎症作用はその名の通りに炎症を抑制してくれます。

 

頭皮ニキビがひどくなるのも抑えてくれます。

 

菌が大量繁殖すると頭皮に負担がかかってしまうので、抗菌作用・殺菌作用も効果のあるタイプの育毛剤を選ぶうえで重要です。

 

▲目次に戻る

 

保湿機能のある成分

・センブリエキス
・海藻エキス(M-034)
・ニンジンエキス
・アロエ抽出液(アロエエキス)
・イチョウエキス
・サクラ葉抽出液
・褐藻エキス
・パンテノール
・DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液など

 

保湿は育毛対策の中心とも言える成分で、多くの育毛剤に含まれています。
育毛剤チャップアップに関してはセンブリエキスに海藻エキス(M-034)、さらにサクラ葉抽出液やDL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液が配合されています。
フィンジアにはセンブリエキスと褐藻エキス、さらにパンテノールが配合されています。

 

▲目次に戻る

 

抗炎症作用は殺菌・抗菌作用のあるおすすめ成分

・グリチルリチン酸(グリチルリチン酸ジカリウム)(グリチルリチン酸2k)
・ジフェンヒドラミンHC(ジフェンヒドラミン塩酸塩)
・ドクダミエキス
・オウゴンエキス
・サクラ葉抽出液
・ヒキオコシ葉/茎エキス
・ボタンエキス
・キハダ樹皮エキスなど

 

育毛剤には頭皮環境を改善させるような作用も基本的にあるものです。
ですから、一つの育毛剤に複数の頭皮環境改善成分が含まれていることも珍しくありません。

 

・チャップアップに配合されている主な頭皮環境改善成分・・・グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHC、ドクダミエキス、オウゴンエキス、サクラ葉抽出液
・フィンジアに配合されている頭皮環境改善成分・・・ヒキオコシ葉/茎エキス、ボタンエキス、キハダ樹皮エキス、グリチルリチン酸2k

 

チャップアップにもフィンジアにも、複数の頭皮環境改善成分が含まれていることがわかります。双方ともに配合成分から見ても非常にレベルが高い育毛剤、と判断できるわけです。

 

▲目次に戻る

 

頭皮の血行を促進する育毛成分が配合されているか

髪の毛を作り伸ばしていくのは毛母細胞の役割です。
その髪を作る毛母細胞を包む毛乳頭が、頭皮の毛細血管から髪の毛の原料となる栄養素を血液から吸い上げ毛母細胞に送る仕組みになっています。

 

つまり、強い髪を作り成長させるには、血液が必要です。
十分な量の血液が髪に行き渡らなくなると、髪を作る血液が不足し、太く強い髪の毛が作れなくなってしまうんです。

 

この髪の原料でもある血液が不足する血行不良の薄毛を発症している人は意外と多く、血流促進は育毛の基礎とも言えるでしょう。
この血行不良の改善は育毛剤でもできるんです。
育毛剤で血行を促進するには、血行促進成分が入っている育毛剤を選ぶことが大事になります。

 

下記に育毛剤に含まれる主な血行促進成分を紹介します。
育毛剤の使用を考えている方は参考にしてください。

 

【育毛剤に含まれる血行促進効果のある成分】

 

・センブリエキス
・海藻エキス(M-034)
・セファランチン
・ピディオキシジル
・酵母エキス
・ニンジンエキスなど

 

▲目次に戻る

 

 

高い育毛効果のある成分が配合されている育毛剤

以下でおすすめの育毛剤をランキング形式で上から順に紹介していきます。

 

チャップアップ

イクオスとブブカと並び人気の育毛剤チャップアップです。

 

シャンプーなんかも発売されていて口コミで人気の医薬部外品のチャップアップには、ここまで紹介したように男性ホルモンに対応する成分が多く含まれています。

 

さらに頭皮環境を改善させる作用のある成分も複数含まれているのです。

 

「育毛剤はいろいろあるけどどれが効くの?」と悩んでいる方には、自信を持ってチャップアップをおすすめします。

 

注目してほしいのが、チャップアップには多くの成分が含まれているという部分です。

 

例えば、前述したように抗男性ホルモン成分としてはオウゴンエキスとヒオウギ抽出液と複数が配合されています。

 

仮にオウゴンエキスが効かなかったとしても、まだヒオウギ抽出液があるわけです。

 

逆にヒオウギ抽出液が効かなかったとしても、オウゴンエキスがありますよね。

 

成分が多ければ良いとは限りませんが、一つの育毛効果をもたらす成分が複数含まれているのは非常に大きなメリットでもあるのです。

 

【チャップアップに含まれている成分数】
・30種類の植物エキスや抽出液を配合
・13種類のアミノ酸を配合

 

チャップアップはどんな症状に悩んでいる方におすすめなのか?

・抜け毛が増えてしまっている方
・髪の毛が細くなっている方
・地肌が露出し始めている方
・男性型脱毛症が発症している方
・頭皮環境が悪化している方

 

どれが効くのかわからず髪の毛に関する様々な症状に悩んでいる方におすすめできるのがチャップアップです。

 

様々な育毛成分を配合しているので、総合的な育毛剤対策ができるのです。

 

注目してほしいのが、薄毛の原因が複数ある方です。

 

AGAと血行不良で薄毛になっている方もいるでしょう。

 

それに頭皮環境の悪化が絡んでいることもあるかもしれません。

 

それらの症状をすべてカバーできる成分がチャップアップには含まれているのです。

 

薄毛で悩んでいる方のほとんどに対応できるのがチャップアップ、といったことも言えるわけです。

 

「育毛効果が高くて安全性も高い育毛剤の中でどれが一番効くの?」といったことを思っている方もいるかもしれません。
チャップアップは安全性も問題ありません。他の育毛剤でフケが発生してしまったりかゆみや湿疹が出てしまったりした経験がある方でも利用できるのです。

 

チャップアップには医薬部外品の育毛剤なのでミノキシジルのような頭皮に刺激のある医薬発毛成分は含まれていません。

 

添加物も含まれていないので、頭皮に悪影響を発生させてしまう恐れもありません。

 

ミノキシジルが配合された育毛剤を使った場合、ミノキシジルの頭皮への刺激による副作用として、頭皮のかゆみ、かぶれ、フケ、発疹、塗った部位がカーッと熱くなるような熱感があります。

 

ミノキシジルだけでなく、育毛剤に含まれる添加物も頭皮環境を悪化させる原因となります。

 

たとえば、香料や着色料、紫外線吸収剤やパラベンなど。

 

これらの成分は、育毛剤の保存状態を良くしたり、使い勝手を良くさせたりするために含まれています。

 

一方で添加物にはアレルギーを発生させて頭皮の肌荒れを招くような作用も確認されており、なるべく育毛剤には含まれないほうが良い、とされているのです。

 

しかし、チャップアップには発毛治療に使われる頭皮への刺激の強いミノキシジルだけでなく、香料や着色料、紫外線吸収剤やパラベンといった添加物も含まれていないので、頭皮に悪影響を発生させてしまう恐れもありません。

 

普通の人よりも外部の刺激(肌に直接付ける化粧品等)の影響を受けやすい敏感肌の人も、頭皮の乾燥や肌のバリアーの役割である皮脂不足で頭皮が弱っている状態なので、刺激がない育毛剤を選ぶ必要がありますが、チャップアップなら頭皮への刺激となる添加物が配合されていないため、使用できるんです。

 

チャップアップなら頭皮環境を良くする成分が多数含まれているので、乾燥肌の方は保湿され、炎症がある方は炎症がなくなる、ということも考えられます。
もちろん乾燥肌の方も敏感肌の方 でもチャップアップは利用可能ですよ。

 

しかし、チャップアップにはこういった頭皮への刺激のある発毛作用ミノキシジルどころか、添加物も含まれていないので、頭皮に悪影響を発生させてしまう恐れもありません。

 

普通の人よりも外部の刺激(肌に直接付ける化粧品等)の影響を受けやすい敏感肌の人も、頭皮の乾燥や肌のバリアーの役割である皮脂不足で頭皮が弱っている状態なので、刺激がない育毛剤を選ぶ必要がありますが、チャップアップなら頭皮への刺激となる添加物が配合されていないため使用できるんです。

 

チャップアップなら頭皮環境を良くする成分が多数含まれているので、乾燥肌の方は保湿され、炎症がある方は炎症がなくなることも考えられます。

 

もちろん乾燥肌の方も敏感肌の方でも使用感もよくチャップアップは利用可能です。

 

定期便での購入なら育毛業界初の永久全額返金保証があるのも安心できるポイントです。

 

人気No1

 

チャップアップを試してみた感想と口コミ

 

▲目次に戻る

 

フィンジア

育毛剤フィンジアにも男性型脱毛症対策ができる成分と頭皮環境が改善する成分も含まれています。

 

しかも、男性型脱毛症や頭皮環境の改善させる成分それぞれに複数のエキスが配合されているので高い効果が発揮される可能性が高いのです。

 

さらに注目したいのが、フィンジアに含まれている最新育毛成分です。

 

・キャピキシル(アセチルテトラペプチド3)
・ピディオキシジル(ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド)

 

フィンジアにはキャピキシルは5%の濃度で配合されており、ピディオキシジルは2%の濃度で配合されています。最新育毛成分が高濃度で配合されている、といったメリットがフィンジアにはあるのです。

 

特に注目してほしいのがキャピキシルです。キャピキシルにはミノキシジルに比べて3倍もの育毛効果が期待できます(参考:「http://usuge-nukege-taisaku.com/wp-content/uploads/2717fd581468bcfd494ad621e7a24bc0.pdf」の28ページ目に記載あり)。

 

ミノキシジルは頭皮の痒みや、性欲減退、肝機能障害などの副作用があるので危険ですが、キャピキシルには副作用が報告されていません。

 

ミノキシジルよりも安全性が高く、医薬発毛成分よりも高い育毛効果が期待できてしまうのがフィンジアなのです。

 

もう一点注目してほしいのが、フィンジアが浸透力にこだわっている、という部分です。医薬発毛成分のミノキシジルの育毛効果が低い理由が浸透力のなさです。どんなに育毛効果が高い成分であったとしても、毛穴の奥まで浸透しなければ育毛効果は限定的になってしまいます。

 

フィンジアに関しては、「ゲートアクセス理論」というものを採用しています。カプサイシンという唐辛子の辛味成分を配合しているのですが、その作用によって毛穴を開かせているのです。

 

カプサイシンによって毛穴を開かせることで、フィンジアに含まれている育毛有効成分が頭皮の奥にある毛根まで到達し、より高い育毛効果や発毛促進効果が期待できるようになったのです。

 

▲目次に戻る

 

フィンジアはどのような症状に悩んでいる人におすすめなのか?

・M字や頭頂部が薄くなっている人
・抜け毛が多くなっている人
・髪の毛にコシがなくなってきた人
・抜け毛のほとんどが細い毛であったり短い毛であったりする人
・頭皮に湿疹やフケ、炎症やニキビなどがある人
・他の育毛剤や発毛剤で効果が得られなかった人

 

フィンジアは様々な薄毛の症状に悩んでいる方に効果を発揮してくれます。髪の毛の元気を取り戻すような作用もあれば、頭皮環境を改善させる作用もあるのです。

 

また最新育毛成分を含んでいるので、他の育毛剤で効果がなかった、というかたも試してみる価値はあります。特にキャピキシルやピディオキシジルが入っている育毛剤を利用したことがない、という方は活用してみるべきです。浸透力のない育毛剤ばかり使っていた、という方もフィンジアに乗り換えを検討しても良いかもしれません。

 

フィンジアは副作用がない育毛剤でもあるので、薄毛や抜け毛の予防目的で利用するのもおすすめです。

 

AGAは母方遺伝なので、母親の父親(母方の祖父)が薄い場合には薄毛になる確率が極めて高いです。該当する方は、薄毛が発症していなかったとしても予防目的としてフィンジアの利用を検討してみましょう。

 

30日間の返金保障もあるので安心です。

 

「薄毛の予防のための育毛剤はどれが効くの?」と悩んでいる方も多いと思いますが、フィンジアをおすすめします。

 

フィンジアの公式サイトを見る

 

フィンジアを1本使ってみた口コミ

 

▲目次に戻る

 

リアップ

リアップは、市販されている中で、唯一発毛効果が認められている発毛剤です。

 

リアップに配合されている医薬成分ミノキシジルが厚生労働省に発毛効果を認められています。

 

上記に紹介したチャップアップとフィンジアは、医薬品よりも育毛効果が低い代わりに副作用もない医薬部外品の育毛剤ですが、リアップは副作用の高さから、薬剤師による対面販売が義務付けられた第一類医薬品に指定されています。

 

※第一類医薬品…症状を改善するに当たり、副作用が出る可能性が高い医薬品。

 

リアップに配合されているミノキシジルには、頭皮の血行を促進することで発毛環境を整え発毛効果をもたらします。

 

ミノキシジルは、血行促進効果が高いことから、20代から40代男性によく見られる薄毛、壮年性脱毛症を含む50代から60代男性に多く見られる薄毛の男性型脱毛症(AGA)の治療に使用されています。

 

ミノキシジルの血行促進がもたらす育毛効果は、頭皮の血流を改善することで、今まで髪の成長のために必要なの血液が回っていなかった部位の血流が改善されるため、今ある細い髪や産毛を太く強くしたり、抜け毛の予防効果があります。
特に、毛細血管が多く血行不良になりやすい頭頂部に育毛効果があります。

 

ただ、ミノキシジル配合の発毛剤リアップを使う上で注意点が2点あります。

 

1点目は、ミノキシジルには、男性ホルモンの抑制効果がないことです。

 

男性ホルモンを抑制する医薬品はプロペシアですが、男性ホルモンによる抜け毛が原因で、ミノキシジルを使い頭皮の血行を促進したのにも関わらず頭髪の状況に良い効果が表れない場合は、男性ホルモンを抑制する医薬品プロペシアの服用が必要になります。

 

2点目は、ミノキシジルの副作用です。

 

このページの初めの方でも書きましたが、薄毛治療薬ミノキシジルは頭皮への刺激が強いため、リアップを使う副作用として、頭皮のかゆみ、かぶれ、フケ、発疹、塗った部位が熱くなるような熱感が出る場合があります。

 

リアップを使い、上記の副作用が見られた場合は、リアップの使用頻度を減らすか、副作用のない医薬部外品の育毛剤(チャップアップやフィンジアなど)に切り替えることをおすすめします。

 

リアップにはミノキシジル配合量が女性より多い男性向けのリアップx5プラスと女性向けのリアップジェンヌがあります。

 

リアップX5プラスの公式サイトを見る

 

リアップX5プラスの口コミと効果

 

▲目次に戻る

 

 

チャップアップもフィンジアも頭皮に合わない人はいるのか?

・完全に禿げ上がってから5年以上経過している方(個人差あり)
・精神的な理由から薄毛になっている方(円形脱毛症や抜毛症)
・皮膚の病気が原因で薄毛になっている方(脂漏性脱毛症など)

 

完全に禿げ上がってしまうと、すでに毛根 (毛根とは、髪の毛となって毛穴から生えている部分ではなく、皮膚の下に埋まっている部分の毛のこと)が死滅している可能性があります。
毛根の一番奥にあり、頭皮の毛細血管から血液を吸い上げ髪の毛を生成している毛乳頭細胞や毛母細胞には寿命があります。

 

その寿命がすでに来てしまっている場合には、どんなに育毛効果が高い育毛剤を利用したとしても復活しません。
ただしまだ産毛が生えている状態であれば細胞が生きているので、改善する可能性はあります。

 

禿げ上がってから月日が経っていたとしても、年齢的に30代であるなど若い場合にはまだ毛根が生きている可能性があります。諦めずに数ヶ月塗布してみましょう。

 

禿げ上がってから月日が経っていたとしても、年齢的に30代であるなど若い場合にはまだ毛根が生きている可能性があります。
毛根が死んでいるかどうかは、頭皮をよく観察してみてください。
うっすらでもいいので薄い毛や産毛が生えていれば毛根は死んでいません。

 

薄い毛や産毛に育毛剤の育毛効果が表れるだいたいの期間については、毛髪周期(毛周期)が関係しています。

 

髪の毛1本の寿命は約3年から6年程度で、そのうち育毛剤の育毛効果が表れるのは、髪の毛が成長している期間(成長期)のみです。

 

髪の毛全体の90%から95%がこの育毛剤の育毛成分が毛根に働きかけることができる成長期に当たるのですが、成長期を終えると、次に新しく生え変わる髪の毛の準備期間(退行期と休止期)に入ります。
約3か月間かけて、髪の準備期間を経て髪の毛が抜け落ちますが、この期間は髪の成長が止まっているため育毛剤の育毛成分が毛根に働きかけることができない期間で、全体の髪の毛の約5%から10%がこの準備期間にあたります。

 

この髪の成長が止まっている状態は、1人の全体の髪の平均が約10万本だとすると、成長期が終わった髪の毛は5%〜10%なので約5000本から、10000本になります(個人差あり)。

 

つまり、単純計算だと通常、髪の毛は1日100本ほど抜けると言われているので、髪の成長が止まり育毛剤を付けても育毛効果が出ない分の髪10000本が、すべて生え変わり育毛剤が次の新しい髪の毛根への働きかけができるようになるまで、100日(約3か月)は最低でもかかる計算になります。

 

なので、育毛剤の育毛効果がなかったからといってすぐに諦めずに、薄い毛や産毛が生えている部分に対しては、人によって毛髪周期(毛周期)や髪の成長に個人差もあるため、諦めずに最低3か月から半年程度は、育毛剤を塗布してみましょう。

 

どんなに高機能な育毛剤であったとしても精神面までは改善できません。

 

ストレスが影響している円形脱毛症や、精神的な理由が原因の抜毛症などの病気の場合は、まずは病気を治すことが肝心です。

 

※抜毛症は自分で髪の毛を抜いてしまう病気のことです。強迫神経症との類似も指摘されています。治療としては、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などによる薬物療法が用いられます。

 

脂漏性脱毛症の場合は、頭皮に炎症が起きる可能性があります。ステロイド剤などでまずは炎症を取り除く、ということが重要です。育毛剤にも抗炎症作用はありますが強い作用があるわけではないので、皮膚科などで適切な処置を受けたあとに育毛剤による薄毛対策を実施しましょう。

 

ポリピュアEXやイクオスなどのこのサイトでの紹介しているおすすめ人気ランキングは以下の記事をご覧ください。

 

育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
育毛剤の比較

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加