中学生のためのハゲを治す方法

最近、中学生でも抜け毛が多く薄毛に悩むことも多いと言われます。

 

実際に、学校で友達につむじが大きくてからかわれたりいじめられたり、涙ながらに訴える中学生も多いんです。

 

中学生で若ハゲを気にするあまり、女の子に積極的になれなかったりプールなど遊びに行くときに毎回髪型を気にして、写真にも写れないなんていやですよね。

 

ここでは、そんな中学生のハゲを治す方法について詳しく見ていきます。

 

目次

 

中学生でもできる薄毛対策方法

少しでも髪を守るため中学生でもできる薄毛対策についてお伝えします。

 

その前に、中学生で薄毛になると必ずといっていいほどしてしまう勘違いがとにかくシャンプーの回数を増やすこと。

 

頭皮を常に清潔にしていなければいけないと思い込んでしまうのは、繰り返し流されるシャンプーのテレビCMなどの影響もあるかと思いますが、薄毛の原因は頭皮の不衛生によるものだと刷り込まれてはいないでしょうか。

 

ですが、シャンプーで薄毛の改善は無理です!はっきりと言っておきます!

 

むしろある程度の頭皮の皮脂は、頭皮を守るバリヤーになるので必要なんです。

 

逆にシャンプーのしすぎは頭皮のバリヤーである皮脂をなくすことになるので、その分頭皮が外部の刺激を受けやすくなり薄毛につながります。

 

1日2〜3回もシャンプーをしている人は今後絶対にやめてください。

 

それでは中学生でもできる主な薄毛対策方法について以下にまとめます。

 

ストレス発散…ストレスは上の薄毛の原因にも書いた通り、血行不良をもたらすので髪の毛だけでなく身体にとっても良くありません。運動や自分の好きな趣味等でストレスを発散してください。

 

洗髪方法…頭皮の皮脂を落としすぎるため熱湯での洗髪は避け、洗浄力が弱く髪に優しいアミノ酸系シャンプーで1日〜2日に1回洗髪します。

 

おすすめは頭皮の皮脂を落としすぎないチャップアップシャンプー。

 

チャップアップシャンプーの公式サイトを確認する

 

ドライヤー…ドライヤーの熱風は頭皮の同じ個所に当て続けるとものすごい高温になります。
ドライヤーの熱は髪の繊維を壊し、切れ毛などの原因につながります。温風と冷風を交互に使用するか、冷風のみで髪の毛を乾かしましょう。

 

睡眠…髪は睡眠中に分泌される成長ホルモンで育ちます。

 

以前までは成長ホルモンが分泌される時間帯が22時〜2時までの間とされてきましたが、最近ではそれは間違いじゃないかという説も出ています。

 

成長ホルモンは睡眠してから2時間後くらいに分泌し始めることがわかっているからです。つまり寝始めから2時間後にいかに質の良い睡眠をとれるのかが、成長ホルモンを多く分泌させるカギとなるのです。

 

そのためには、夕食の時間を早くし、お風呂に入り、睡眠時の身体の負担を避ける必要がありますね。

 

運動…適度な運動はストレスを改善し血流もよくします。また運動により鍛えられた筋肉は血液を全身にめぐらせるポンプのような役割もするので大事です。

 

食生活…食事ではいろんな野菜を必ず摂るようにしましょう。特に頭皮の皮脂の分泌が多い人などは、ビタミン類は必須です。ビタミンBなどは、体内の皮脂を排出しやすくしたり、皮膚の代謝を促してくれるので頭皮環境を守る効果があります。

 

サプリ…髪を作る原料(タンパク質や亜鉛等)や頭皮の環境を整えるビタミンB等、食事で補えない場合は、サプリに頼るのも1つの手です。

 

マッサージ…よく頭皮マッサージをすると血行がよくなり、髪の毛が生えるという噂を聞きますが、管理人の個人的な意見としては、頭皮マッサージの血行促進効果はそこまでないと考えています。

 

冷静に考えると頭皮マッサージをした後には、たしかに頭皮の血行は一時的にはよくなるかもしれませんが、それがずっと持続するとは考えにくいです。

 

つまり頭皮マッサージの血行促進効果は一時的なものと考えてください。

 

育毛剤を使用する…最近では中学生が使用できる安全な育毛剤にも効果的な商品が増えてきました。

 

安全で効果の高いおすすめ育毛剤はチャップアップ。

 

チャップアップの公式サイトを確認する

 

こういった商品には、中学生が使用できない医薬成分のミノキシジルやフィナステリドは配合されていません。

 

副作用がない天然成分のみで作られているのにも関わらず、中学生の薄毛の原因であるフケやかゆみの頭皮環境の悪化を改善したり、頭皮の血行不良を改善したりできる効果があるんです。

 

生活習慣の改善と合わせて育毛剤を使用すれば、効果が表れるのも早くなるでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

上記の薄毛対策方法を実践して改善が見られなければ育毛剤もおすすめ

医薬品であるリアップ、カロヤンガッシュは副作用があるため中学生には絶対におすすめできません。

 

副作用が出にくく男性ホルモンを抑えたり血流を改善する効果のある、育毛剤の使用がいいかもしれません。

 

 

▲目次に戻る

 

 

中学生の女子の対策方法

中学生の女子の薄毛は過度なダイエットやストレスなどによりホルモンバランスの乱れが原因である可能性が高いです。

 

女性ホルモンには、髪の毛を成長させる働きがあるので、ホルモンバランスが崩れ女性ホルモンの分泌が乱れると、髪の成長を止めてしまいます。

 

ストレス等をなくし健康な生活に気を付けてみてください。

 

▲目次に戻る

 

 

最後の手段と言われているAGAクリニックは中学生でも通えるのか?

AGAクリニックでは、毎日の生活習慣では決して改善できない男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)による抜け毛を医薬品で止めることができます。

 

では、中学生でも、AGAを発症してしまった場合、AGAクリニックに行きたいと思うかもしれませんが、結論から言うと、中学生(未成年)はAGAクリニックに通えません。

 

AGAクリニックで処方されるフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルといった医薬品は、中学生には処方できないからです。

 

男性らしい体や特徴をより骨格付ける中学生時代に薬で男性ホルモンを抑えるのはとても危険です。

 

生活習慣等で改善できる育毛法以外の他の薄毛対策方法を実践したいと思っている人は、以下の育毛剤を使った薄毛対策を試してみるといいでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

中学生の薄毛の症状について

薄毛に悩んでいる中学生の症状を見てみましょう。

 

AGA(男性型脱毛症)

一般的に、男性が年を取るにつれて禿げていく症状で一番多いのがAGAです。

 

AGAは、20歳後半から30歳前半に一番発症する人が多いと言われています。

 

AGAの原因は、男性ホルモンがM字部分と頭頂部(つむじ部分)を攻撃し、髪を弱らせてしまうためどんどん細くなって抜けて、髪の毛が少なくなっていきます。

 

本来10代ではほとんど発症しないAGAですが、最近では生活の変化からか10代のAGA患者も多いと言われています。

 

10代や中学生でもAGAを発症しているかどうかは、M字部分を見るとよくわかります。

 

AGAの男性ホルモンが影響した薄毛は、おでこの生え際の毛がどんどん軟毛化していきます。

 

男性ホルモンが毛の寿命を短くしてしまうので、生え際部分がどんどん細い産毛のような形でぴょんと飛び出てきてしまうんです。

 

男性ホルモンが原因のAGAの場合、生まれつきの体質でもあるため生活習慣の改善で脱毛を予防することは困難です。

 

生え際部分やつむじ部分の男性ホルモンを抑える成分が配合されたチャップアップのような育毛剤を使用するのがおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

若年性脱毛症

若年性脱毛症とは、本来30代など年を取るにつれて少しずつ髪が薄くなっていくものですが、10代などの若いうちに急に髪が薄くなる症状を言います。

 

若年性脱毛症の原因は1つではなく、食事や睡眠、男性ホルモン等いろんな原因が重なって発症してしまいます。

 

▲目次に戻る

 

 

中学生のハゲの原因

簡単にハゲの原因となることについてあげていきます。

 

自分自身でチェックも兼て読んでみてください。

 

血行不良…髪は血液で作られています。ひどい血行不良の状態が続くと髪が弱くなることがあります。

 

男性ホルモン…頭頂部(つむじ部分)とM字部分は、男性ホルモンをキャッチする受容体が存在するため、髪の毛が男性ホルモンによる影響を受けてしまいます。

 

遺伝…遺伝情報が刻まれた染色体が男性はXY、女性はXXになると生まれます。

 

このうち男性ホルモンの影響をうけやすい遺伝情報(アンドロゲンレセプター)はXの染色体によって決まると言われています。

 

つまり子供を産む際に女の子が生まれる場合であれば、男性のX染色体と女性のX染色体が合わさってうまれる。
男が生まれる場合は、父親のYの染色体と、女性のXの染色体が合わさり生まれる。

 

つまり、薄毛に関する情報が入っているXの染色体は必ず、母親から受け継がれるということになります。

 

そのため、良く男性は母親に似ると言われますよね。

 

母親の祖父の頭髪を見ることで、AGAになりやすい体質が遺伝するかどうかがわかるんです。

 

生活習慣…食事は体のすべてを作ります。健康な体を作るのも食事次第。脂っこい食事や野菜を摂らずにいると血液がドロドロになり、血行不良の薄毛につながりますし、頭皮の皮脂の分泌も増えて頭皮環境が悪化する原因となります。

 

頭皮環境…頭皮のフケやかゆみを放置すると、頭皮が赤くただれて痒みが発生(脂漏性皮膚炎)します。頭皮環境の悪化を放置すると抜け毛につながります。

 

ヘアースタイル…パーマやカラーのしすぎは着実に頭皮をいためます。

 

日焼け…頭皮が傷むと薄毛が進行する可能性も。

 

紫外線は髪の毛にかなりのダメージを与えると言われています。

 

頭皮の紫外線対策として日焼け止めを塗ったり、帽子を被るといいでしょう。

 

脂性…頭皮のほどよい皮脂は、紫外線や外部の刺激から頭皮を守りますが、過剰に頭皮の皮脂が分泌されるとフケやかゆみにつながり、さらに悪化すると抜け毛が増えます。

 

体毛が濃い…体毛が濃い人は男性ホルモンが多いといえますが、これは必ずしも体毛が濃い=ハゲるに直結するわけではありません。

 

理由は、薄毛になる人は、男性ホルモンをキャッチする装置のようなものが頭皮にあるからです。
つまり、男性ホルモンの量が多くてもこのキャッチする装置がなければ、ハゲにくいというわけです。

 

逆に、体毛が薄くてもハゲる人がいるのも、この男性ホルモンのキャッチする装置(男性ホルモンレセプター)がハゲない人よりも感度が高いため男性ホルモンの影響を受けやすくなります。

 

どちらにせよ、中学生の方は、頭皮環境の悪化や生活習慣が原因の薄毛だと考えられるので、男性ホルモンに関してはあまり気にしなくてもいいように思います。

 

極度の神経質…神経質な人はストレスをためやすいです。

 

強いストレスは血管を収縮させます。ストレスによって血流が悪くなるため髪に栄養が行き渡らないので髪の毛にとってはよくありません。

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
育毛シャンプーランキング
ハゲを治す方法

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加