育毛剤におけるビタミンCの効果

ビタミンCといえば、化粧品に含まれているケースが多い成分です。美白効果などもあるとされており、実際に女性が利用する化粧品の多くに配合されているのです。そんなビタミンCですが、実は育毛剤にも含まれている、といったことは知っているでしょうか。

 

こちらでは、育毛剤とビタミンCの関係性に迫ります。どのような目的を持って育毛剤に入っているのでしょうか、そして、どのような育毛効果をもたらしてくれるのでしょうか。

 

ビタミンCが配合されている育毛剤が気になっている、という方は必見です。

 

 

育毛とビタミンCの関係性

 

ビタミンCの育毛効果

ビタミンCには大きく分けて3つの育毛効果があります。それらは、どれをとっても髪の毛にとって重要なものであり、ビタミンCが育毛を適している、ということの証明にもなります。

 

こちらではそのビタミンCの育毛効果3つについて1つずつ解説を加えます。

 

ビタミンCの育毛効果その1|毛穴のつまりを解消させる効果あり

ビタミンCには皮脂の分泌を抑制させる、という効果があります。
頭皮がストレスを感じてしまうと、皮脂が多く分泌されてしまう、といったことがあるのです。その過剰な皮脂の分泌を抑制してくれるのが、ビタミンCです。

 

そもそも、男性の場合は基本的に皮脂の量が多めです。男性ホルモンの影響もあり、仕方がない部分もあるのですが、皮脂が毛穴に詰まってしまうと頭皮に対して悪さをしてしまうのです。ニキビの原因になることもあれば、菌が大量繁殖して炎症が起こってしまうことも。

 

毛穴のつまりは、髪の毛の成長を阻害する可能性もあり、なるべく毛穴はきれいな状態にしておきたいところ。だからこそ、ビタミンCの出番というわけです。

 

ビタミンCの育毛効果その2|頭皮環境を正常化させる

ビタミンCがなぜ女性用化粧品大奥に配合されているのか、ということを考えてみると良いかも知れません。。

 

そもそもビタミンCには、

 

・保湿作用
・抗酸化作用

 

の二つの素晴らしい機能があります。
具体的に説明すると、ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポート位するような機能があるのです。年齢とともにコラーゲンは少なくなります。それは頭皮も同じことです。結果的にコラーゲンが少なくなると、頭皮の弾力もなくなり、乾燥しやすくなってしまいます。しっかりと、ビタミンCを補給してあげることで、頭皮の乾燥が抑えられるわけです。
他にも鉄分の吸収を助ける、といった機能もあります。

 

頭皮も顔のお肌のように老化してしまうことがあります。その老化の原因の一つとなっているのが、酸化です。我々の身体の老化の元凶とも言えるものですが、ビタミンC自体には抗酸化作用、といったものがあります。要は、アンチエイジング機能を持った成分なのです。活性酸素から頭皮を守ってくれるので、頭皮がいつまでも若々しい状態を保てます。髪の毛が生えやすい状態にできるわけです。

 

ビタミンCの育毛効果その3|血行を促進させる

育毛の基本ともいっても良い、血行促進作用がビタミンCにもあります。
前述したように、ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートする機能、といった物があります。実はそのコラーゲンが血行を良くしてくれるのです。
コラーゲンが回復した頭皮は、弾力性が出てきます。頭皮の毛細血管が圧迫されずに済むようになるので、血液がしっかりと行き渡るようになるわけです。毛細血管まで血が行き渡るようになれば、毛母細胞にも栄養が送られるようになり、太くてたくましい髪の毛が生えてきます。

 

特に女性に起こりやすい「びまん性脱毛症」は血行不良によって起こるものです。ビタミンCは女性にとっては必須の育毛成分、と言っても良いかもしれません。

 

 

頭皮に対してなぜビタミンCはいいのか

二つの考え方があります。

 

・頭皮環境を改善させる作用があるから
・リスクが少ない成分であるから

 

要は、効果は期待できるのに、マイナスの作用はほとんど無い、というものがあるのです。化粧品に含まれるほどのお肌に対する良い機能があるのに、副作用といったものはほとんどありません。安心・安全に利用できる、といった見逃せない特徴があるわけです。

 

ビタミンCは口から入れても効果を発揮しますが、化粧品に含まれていることからも分かるように、お肌からでも効果が与えられると考えられています。だからこそ、育毛剤にも含まれ始めているわけです。

 

コラーゲンに対する機能にも注目ですし、抗酸化作用にも注目です。特に30代以降になると、頭皮の劣化も激しくなります。顔の肌のように弾力がなくなり、ハリもなくなってしまいます。お肌に栄養が送られにくくなれば、当然髪の毛にも影響が出てきてしまいます。そんな状況を未然に防ぐためにも、ビタミンCを有効活用していくべきです。

 

 

ビタミンCがたくさん含まれている食べ物

ビタミンCは塗布しても良いですが、食べ物からでも身体に補給できます。食べ物で補給したビタミンCであったとしても、お肌に対して良い働きをしてくれる、と考えられているわけです。

 

こちらでは、ビタミンCが多く含まれている食材を幾つか紹介します。

 

【ビタミンCが多く含まれている食材例】
・パプリカ(赤、または黄)・・・100グラムあたり150ミリグラムから170ミリグラム
・芽キャベツ・・・100グラムあたり160ミリグラム
・パセリ・・・100グラムあたり120ミリグラム
・レモン・・・100グラムあたり100ミリグラム
・ゴーヤ(ニガウリ)・・・100グラムあたり76ミリグラム
・柿・・・100グラムあたり70ミリグラム
・レッドキャベツ・・・100グラムあたり68ミリグラム
・モロヘイヤ・・・100グラムあたり66ミリグラム
・ししとうがらし・・・100グラムあたり57ミリグラム

 

上記したのは、100gあたりでビタミンCの容量が特に多いものです。ただし、しし唐辛子のように多く食べるのは難しい食材もあるので注意してください。
ちなみに、ビタミンCの1日あたりの推奨摂取量は100ミリグラムです。多少多めに取ったとしても問題はありません。水溶性ビタミンなので、不必要なものは体外に水に溶けて排出される、といった特徴を持っているのです。
逆に、蓄積できないので定期的に一定量を摂取していかなければならない成分でもあるのです。

 

 

ビタミンCを取り入れる際に気を付けたい生活習慣

一回で摂取しきってしまおう、とは考えないでください。1日あたり複数回の摂取をおこなうのがおすすめとされているのです。体内に蓄積される成分ではないので、毎食一定量ずつ摂取する、といったことが大事になってきます。

 

1日あたり1色しか食べない、という方はビタミンC不足になりやすいです。そういった方は、野菜ジュースなどを飲んで定期的に補給する、といったことも行うべきです。

 

野菜の調理方法にも注意しましょう。野菜は茹ででしまうと、ビタミンCが水に溶けて流れ出てしまいます。せっかく野菜を食べたのに、思ったよりも摂取できなかった、といった事も考えられるわけです。
ちなみに、茹でるのではなく、蒸す、といことはおすすめです。蒸すとビタミンCが増加する、という食材もあるんですよ(ブロッコリーなど)。

 

嗜好品には気をつけること

・タバコ
・アルコール

 

ビタミンCと相性が悪いものとしてタバコとアルコールが挙げられます。

 

タバコの場合は、ビタミンCが消費される、といった特徴があるんです。タバコを吸うとリラックス効果が出てくるわけですが、実はそのリラックスをしている時にビタミンCが消費されてしまいます。タバコを吸うたびにそのような状況になってしまうので、ビタミンCの摂取を考えている方は禁煙をめざしましょう。そもそもタバコは育毛にも悪い影響を与えてしまうものなので、辞めるべきです。

 

アルコールの摂取も良くありません。ビタミンCが失われてしまう、ということが分かっています。アルコールには利尿作用もあるので、ビタミンCが勝手に排出されてしまう、といったことまで考えられるわけです。

 

タバコとアルコールを急にやめるのは難しいかもしれませんが、髪の毛のためでもあります。健康のためでもあります。量を減らす、といったことから始めてみましょう。

 

 

ビタミンCの育毛以外の効果について

・免疫力を高める効果あり
・コラーゲンの生成をサポートする機能あり
・ガンの抑制効果あり
・ストレスに対抗する力あり
・美肌効果あり

 

ビタミンCには様々な効果があります。人体にとって必要不可欠な栄養素でもあるのです。

 

ビタミンCによる免疫力を高める効果について

免疫力には白血球が関わっています。ビタミンCにはその白血球の働きを強化する作用があり、さらにビタミンC自体に感染を防ぐ機能まであります。
風邪がひきにくくなる、といった嬉しい効果も期待できるのです。

 

ビタミンCによるコラーゲン生成のサポート機能について

我々の身体にはコラーゲンが様々な部位で活かされています。何も、お肌だけにコラーゲンが役立っているわけではありません。例えば歯茎や血管、そして骨や筋肉にもあるわけです。
しかし、歳を重ねるごとに我々の体内からコラーゲンが減ってしまいます。ビタミンCにはそのような状況に対抗できる機能があるわけです。

 

ビタミンCによるガンの抑制効果について

胃がんや肝臓がんの原因とされている物質が「ニトロソアミン」です。その物質に対して、対抗できるのがビタミンCなのです。ビタミンCにはニトロソアミンの抑制効果があることが分かっており、ガンになりにくい体質にしてくれます。

 

ビタミンCによるストレス対策機能について

ビタミンCを摂取することで、抗ストレスホルモンが作られるようになります。実際に高い効果が期待できるので、ストレスに負けやすい方は積極的にビタミンCを摂取すべきです。

 

ビタミンCによる美肌効果について

コラーゲンの生成を助けてくれる、といった機能を持っています。お肌の中のコラーゲンが回復すれば弾力性も増します。たるみなども回復し、いつまでも若々しいお肌を保てるわけです。
美容に凝っている方にも欠かせないのがビタミンCです。

 

 

ビタミンCによる育毛への効果

ビタミンC配合の育毛剤を選ぶか、それとも選ばないか、という部分に直結してくるテーマです。実際に、ビタミンCが入っている育毛剤にはどのような効果が期待できるのでしょうか。探っていきましょう。

 

ビタミンCが含まれている育毛剤の効果は期待できるのか?

どのような効果を求めているかにもよります。

 

・髪の毛を生えやすく効果を求めているケース・・・効果あり、と考えて良い
・発毛させる効果を求めているケース・・・効果なし、と考えて良い

 

ビタミンCのメイン機能と言っても良いのが、お肌に対するものです。美肌化粧品にも含まれている成分でもあるのでわかると思います。ビタミンCにはお肌を整えるような機能があります。肌荒れを起きにくくしたり、お肌を若返らせたりするような機能を持っているわけです。
育毛には頭皮環境も大きく関わっています。例えば、頭皮が荒れている状態になると、髪の毛に送られるべき栄養が皮膚の補修に利用されてしまうことに。結果的に髪の毛が脆弱な状態になってしまうこともあります。
ビタミンCをお肌に補給することで、肌トラブルが起きなくなり、髪の毛が健やかに育つ、といった効果が大いに期待できるのです。

 

一方で問題は、発毛効果があるのか、それともないのか、ということです。残念ながら、ビタミンCには発毛効果はありません。肌トラブルはたしかに薄毛を促進させてしまう作用を持っているものですが、脱毛のメインの原因とは考えられていないのです。
AGAについては、遺伝が関わっており、体内で生成されるジヒドロテストステロン(DHT)といった物質が関わっています
発毛させるためには、そのジヒドロテストステロンを抑制しなければなりません。

 

血流が悪化することで脱毛が促進されてしまう、びまん性脱毛症、といったものもあります。髪の毛に送られるべき栄養が送られなくなることによって髪の毛が生えなくなってしまう症状ですが、血行を促進させなければなりません。

 

現在の発毛効果、というものは上記した「男性型脱毛症阻害効果」と「血行促進効果(血管拡張効果)」しか認定されていません。ビタミンCのような頭皮環境改善効果のある成分は発毛効果自体がない、と考えられているのです。

 

しかし、理解してほしいのが、頭皮も重要である、ということです。どんなに発毛成分を利用したとしても、頭皮環境が悪化していれば、なかなか効果は現れません。頭皮環境を改善させる成分、と言うものは重要な存在でもあるのです。

 

ですから、【ビタミンCが配合されている育毛剤には効果が期待できる】という結論が導き出されます。

 

 

頭皮にもビタミンCが欠かせない理由

・頭皮の毛細血管を強くする・・・髪の毛に栄養が送られやすくなる
・鉄の吸収を助けてくれる・・・酸素が髪の毛に運ばれやすくなる
・頭皮の乾燥を緩和してくれる・・・頭皮が潤う

 

ビタミンCの機能としては、血管の強化に注目しましょう。お肌にも髪の毛にも血液が大きく関わっています。しかし、薄毛の方の頭皮の血管を調べると、かなり弱っているのがわかります。ほとんど血液が行き渡っていない、といった状態になっていることもあるのです。
ビタミンCを塗布していれば、頭皮の血管が強くなります。具体的には、コラーゲンの生成が手助けされるので、皮膚の内部が成就オナ状態になり、結果にも良い効果をもたらしてくれるわけです。

 

ビタミンCによって鉄の吸収がサポートされるような状態になると、毛母細胞が活性化します。鉄の吸収が良くなれば、酸素が血液の中に行き渡り、毛母細胞を活性化させるのです。髪の毛が成長しやすい状態を創出してくれます。

 

頭皮が乾燥していると、ちょっとした刺激にお肌が負けてしまいます。お肌が傷ついてしまい、赤く炎症をこす、ということもあるのです。お肌が乾燥していると肌トラブルが起きやすいので、育毛を心がけている方は保湿対策を実施しなければなりません。
ビタミンCであればコラーゲンの生成がサポートされます。お肌内部に水分を溜め込みやすくなるのです。さらに、血管が強くなることで血行が良くなるので、頭皮にも栄養が行き渡るようになります。健康的な皮膚ができれば、水分が蒸発しにくい密度の濃い状態となるわけです。

 

経口摂取よりも育毛剤の塗布がおすすめの理由

経口摂取だと頭皮には、ほとんど利用されません。
当たり前のことですが、経口摂取した成分は全身に利用されます。顔のお肌や他のお肌にも利用されますし、骨や筋肉といったものにも利用されているのです。非効率な摂取となってしまいます。
実際に経口摂取したビタミンCは、1%程度しか頭皮には生かされない、と言われているんです。一方で、経皮摂取であれば、頭皮に直接作用できます。より高濃度で効率的にビタミンCの効果が髪の毛及び頭皮に与えられます。髪の毛と頭皮に関しては、サプリメントではなく育毛剤のほうが効果は高い、といえます。

 

 

ビタミンCとタンパク質の関係

実は、ボディビルダーはビタミンCに非常に注目しています。その理由は、タンパク質の吸収に重要な関わりを持っているからです。タンパク質の合成にも大きく関わっているので、筋肉をつけたいボディビルダーはサプリメントでもビタミンCを摂取しているほどです。

 

筋肉の話だけだとは思わないでください。そもそも、髪の毛は何から出来ているでしょうか。ケラチンと呼ばれている物質ですよね。実はそのケラチンはタンパク質なんです。髪の毛のほとんどはタンパク質で形作られており、仮にタンパク質不足に陥ってしまうと、薄毛になってしまう、といった事も考えられます。実際に育毛のためにプロテインを飲んでいる、という方もいるんですよ。

 

ただし、タンパク質の合成、といったことを考えると経費では弱経口摂取がおすすめとなります。育毛サプリメントにビタミンCが配合されている、ということもあるので、そちらの利用も検討しましょう。

 

ちなみに、ビタミンCは体内で合成することは出来ません。経皮で取り込むか、経口で取り込むしかないのです。育毛剤でビタミンCを塗布し、さらに食品やサプリメントでも摂取しなければなりません。

 

ビタミンCの髪の毛に対する作用の流れ〜タンパク質関連〜

・ビタミンCの摂取

・タンパク質の吸収がサポートされる

・タンパク質の合成がサポートされる

・髪の毛のもととなるケラチン(タンパク質の一種)が生成されやすくなる

・髪の毛が太くなったり、早く成長したり、といったことが期待できる

 

 

髪の毛の成長に対してのビタミンCの影響力

成長スピードに大きな影響を与えてしまう可能性があります。毛細血管の強化に関わっているのがビタミンCであり、しっかりと役割を果たせば毛母細胞が髪の毛を生やすために必要な栄養素を確保できるようになります。
毛母細胞も栄養がたっぷりとある状態なので、休眠状態になりにくく、いつでも覚醒している、といった状態が期待できるわけです。

 

薄毛の症状の一つが、髪の毛の成長絵力が鈍る、というものです。実際に薄毛の成り始めは、髪の毛の成長が今までと比べて遅くなるのです。特に男性型脱毛症ははっきりとその症状が現れます。前頭部から頭頂部の髪の毛のみ、成長しにくい状態が続いてしまうのです。そのうち成長がストップして産毛ばかりの状態となってしまいます。

 

ビタミンCを頭皮にしっかりと供給していれば、一定の成長力を維持できる、と考えられています。

 

最近話題になっている最新の薄毛治療である、

 

・HARG療法(ハーグ療法)
・メソセラピー

 

でもビタミンCは利用されている事実があるのです。それらの治療方法は、注射器や特殊なマシーンを使って皮下にビタミンCや発毛成分などを含んだ育毛カクテルを直接打ち込んでいきます。その結果、髪の毛が生えてきたり濃くなったり、といった結果が得られているのです。

 

※効果には個人差があります。

 

最新薄毛治療にも用いられているビタミンCからは目が離せません。

 

 

ビタミンC不足が招く頭皮に対してのトラブル

ビタミンCを摂取することで育毛に対して良い働きがあることは、ここまで説明してきました。逆に、ビタミンCが不足してしまったらどうなるのでしょうか。不足した時の症状を知っていれば、自分にいまビタミンCが足りているのか、それとも足りていないのか、ということが見えてくるかもしれません。それでは確認していきましょう。

 

ビタミンC不足のケースに頭皮に起こりがちなこと

・乾燥肌になってしまう
・お肌の弾力がなくなる(頭皮が固くなる、頭皮が動きにくくなる)
・頭皮ニキビが起こりやすくなる
・フケが出やすくなる

 

様々な頭皮トラブルが発生してしまいます。まずコラーゲンの減少によって、お肌の保湿機能が失われてしまう、といったことが考えられます。さらに乾燥肌になるとフケが出てしまいやすくなります。角質がポロポロと脱落し安くなってしまうのです。さらに頭皮のコラーゲンの量が減少してしまうので、当然弾力もなくなってしまいます。

 

ニキビができやすくなる、ということですが、お肌のターンオーバーが関わっています。BタミンCは血管に作用するので、足りていると血行が良い状態になります。しかし、ビタミンC不足になってしまうと血管が弱くなってしまい、血流も悪化します。お肌を作るにも、血液によってしっかりと栄養が補給されていなければなりません。ビタミンC不足になると、頭皮が古い角質だらけになってしまいます。
古い角質だらけになると、毛穴が防がれやすくなってしまい、ついには毛穴が閉じられてしまいニキビができやすい環境に。

 

頭皮ニキビが出来てなかなか治らない、といった場合にビタミンC不足を疑いましょう。

 

 

女性用育毛剤にも含まれているビタミンC

 

抜け毛や薄毛が気になる人にビタミンCがおすすめな理由

ビタミンCは何も男性用の育毛剤だけに含まれているものではありません。女性用育毛剤にもしっかりと含まれているのです。しかも、男性よりも女性に効果が発揮される確率が高い、といった理由があります。

 

そもそも女性の薄毛に関しては男性と異なり、血行や頭皮環境の悪化によって影響が出ている確率が高いんです。残念ながらビタミンCは、男性型脱毛症に関しては良い働きを一切してくれません。その代わりといっては何ですが、頭皮環境の改善効果が高いのです。

 

女性の薄毛の原因の一つに乾燥があります。女性は、男性よりも皮脂の分泌量が少なく、頭皮も乾燥しやすい、といった特徴があります。乾燥が促進されてしまうと、ちょっと頭皮を引っ掻いただけでお肌が炎症を起こしてしまいます。お肌の質がかなり悪くなってしまうのです。

 

また、女性は男性に比べて筋肉が少ない、といった性質があります。筋肉が少なくなると、血行が悪くなってしまうのです。男性に比べて女性に冷え性が多いのには、筋肉量が大きく関係しています。ビタミンCであれば、頭皮の毛細血管を作成させるような効果もあります。非常に高い機能が期待できるわけです。

 

ビタミンCが特に女性におすすめできる理由

・頭皮が特に乾きやすい女性に保湿効果をもたらしてくれる
・血行が悪くなりやすい女性の血流を促進してくれる

 

 

抜け毛や薄毛に対しておすすめできるビタミンCが含まれている食べ物

 

「焼き海苔」がおすすめ

焼き海苔には以外かもしれませんが、野菜や果物とほぼ同等のビタミンCが含まれていることでも知られています。そもそも、海苔は海藻なわけですから、海の植物、といっても良いものですよね。だからこそ、ビタミンCが豊富に含まれていてもおかしくはありません。

 

一方で、海苔に含まれている他の育毛に役立つ成分にも注目です。

 

・ビタミンA・・・頭皮環境を整える機能あり
・ビタミンB2 ・・・皮膚のターンオーバーを促進させる(新陳代謝を高める)

 

上記のビタミンもしっかりと含んでいるのです。ビタミンCの働きを補強してくれるような機能も期待できる、素晴らしい成分を含んでいる食べ物が焼き海苔なのです。

 

※焼き海苔100グラムあたりに含まれているビタミンC含有量・・・210ミリグラム

 

「トマピー」がおすすめ

トマピーはパプリカの新種となっており、1990根に二本で開発された、といった経緯があります。しかも、そのトマピーには非常に豊富なビタミンCが含まれていることがわかっているのです。
味わいとしてもピーマンほどの苦味がなく食べやすい、と評判になっています。

 

ちなみに、100グラムあたりのビタミンC配合量は赤ピーマンよりも多いです。ピーマンを食べるのであれば、トマピーを摂取したほうがビタミンCはたくさん補給できるわけです。

 

※トマピー100グラムあたりに含まれているビタミンC含有量・・・200ミリグラム

 

「ケール」がおすすめ

ケールといってもあまり馴染みのあるものではないかも知れませんが、実は青汁の原料として利用されていることが多いのです。日本では食卓にのぼるケースは少ないのですが、欧米では炒め物としても食されており、馴染み深いものです。
ビタミンCが多く含まれていることでも知られています。
苦味が強い食べ物でもあるので、食事としての摂取が難しい場合には、青汁を利用する、といった方法もおすすめですよ。

 

※ケール100グラムあたりに含まれているビタミンC含有量・・・81ミリグラム

 

「ブロッコリー」と「カリフラワー」もおすすめ

ブロッコリーとカリフラワーは似た食材ですが、双方ともにビタミンCを多く含んでいることでも知られています。ただし、茹ででしまうと、ビタミンCが流出してしまう恐れもあるので、調理方法には少し気をつけなければなりません。
一方で、ブロッコリーやカリフラワーであれば、比較的多くの量を食べられる、という方もいるでしょう。摂取方法としてブロッコリーを食べたり、カリフラワーを食べたり、ということはかなりおすすめなのです。

 

※ブロッコリー100グラムあたりに含まれているビタミンC含有量・・・54ミリグラム
※カリフラワー100グラムあたりに含まれているビタミンC含有量・・・53ミリグラム
※ブロッコリーとカリフラワーに関しては、茹でた場合のビタミンC含有量を記載しています。

 

「唐辛子」もおすすめ

大量摂取は難しい食材ですが、ビタミンCと言うものを考えると唐辛子もビタミンCを多く含んでいる食材の一つです。あまり大量に摂取する問を炒めてしまう可能性もありますが、食事に少し唐辛子を利用する、といったことはおすすめです。

 

※唐辛子100グラムあたりに含まれているビタミンC含有量・・・120ミリグラム

 

「パセリ」もおすすめ

パセリを食べるということはあまりしないかもしれませんが、実はビタミンCが多く含まれている食材の一つです。外食した時に出てきたら食べてみる、といったことを行うだけでもビタミンCの補給につながってきます。

 

※パセリ100グラムあたりに含まれているビタミンC含有量・・・120ミリグラム

 

「アセロラ」もおすすめ

あまり食す習慣というものはないかもしれませんが、アセロラには大量のビタミンCが含まれています。しかも1個あたりでも1日のビタミンC摂取量を超えてしまうほど入っているのです。
早急にビタミンC不足を解消したい、と思っている方には欠かせない食材です。

 

※アセロラ100gあたりに含まれているビタミンC含有量・・・1,700ミリグラム
※アセロラ1個あたり102ミリグラム配合(1日あたりの推奨ビタミンC摂取量は100ミリグラム)

 

番外編:レモンはおすすめなのか?

ビタミンCといえばレモンの印象が強いのですが、実はそれほど多くのビタミンを含んでいるわけではありません。思ったほど補給できないのです。

 

レモンは、100gあたりのビタミンC含有量が50ミリグラムにとどまります。トマピーの4分の1しか含まれていません。もちろんレモン1個で大量のビタミンCを摂取しなければならないわけではありません。幾つもの食材からバランスよく摂取していくことが大事です。いつも同じ食材ばかり食べていたら飽きてしまいます。

 

 

ビタミンCが含まれている育毛剤が女性にもおすすめできる理由

皮膚を守ることにつながるからです。女性の皮膚に関しては、前述しましたが乾燥しやすいのです。お肌がうるおいによって守られていない状態になるので、刺激に弱くなってしまいます。お肌がポロポロと剥がれて、さらに脆弱な状態になってしまうかもしれません。

 

頭皮が痛い、という方はすでに頭皮の状態が悪化していると思われます。そのままの状態で放置をしてしまうと、さらにお肌の状況は悪化し薄毛が促進してしまう可能性も。
そういった状況の時に活躍してくれるのがビタミンCです。お肌の内部のコラーゲンに作用して、お肌を根本的に強化してくれます。血行も良くして、お肌のターンオーバーも正常化していくのです。

 

女性の薄毛の多くは肌トラブルが原因となっています。肌トラブルを抑えて、髪の毛を元気にするためにもビタミンC配合の育毛剤の利用を検討してみる価値はありますよ。

 

 

ビタミンCが含まれている育毛剤ビタブリッドCヘアー

ビタミンCが配合されていることで話題になっている育毛剤が「ビタブリッドCヘアー」です。こちらでは、そのビタブリッドCヘアーの特徴を幾つか紹介します。

 

ビタミンCが12時間も作用し続ける!

これは育毛剤としては画期的なことです。そもそも、育毛剤の効果というものは1回塗布したとしても4時間から8時間程度です。これはミノキシジル配合の発毛剤であっても同じことです。
ですから、1日2回塗布したとしても、効果がうまく発揮されません。必ず何時間かは効果が出ていない状況になってしまいます。

 

ビタブリッドCヘアーのビタミンCに関しては特許技術を採用しています。そのおかげで、塗布したビタミンCはなんと12時間も作用し続けることが分かっています。要は、1日2回塗布すれば、1日中ずっとビタブリッドCヘアーの効果が得られ続けられる、ということになります。

 

 

ビタブリッドCヘアーの効果的な利用方法

・10回から15回プッシュする
・頭皮に直接噴射すること
・頭皮マッサージを行なうこと

 

たった3つのことを行なうだけです。ビタブリッドCヘアーを薄毛の気になることや頭皮全体にプッシュして、さらに頭皮マサージをしてなじませていきます。たったそれだけで、育毛効果が期待できるのです。

 

ちなみに、髪の毛は生えてくるにも時間がかかるのですぐに効果が出る、ということはありません。2ヶ月から3ヶ月程度はどうしてもかかってしまいます。ですから、ビタブリッドCヘアーを継続的に利用する、ということが大切です。

 

 

ビタブリッドCヘアーに期待できる効果

頭皮環境の改善作用がメインとなっています。

 

ビタミンCには、コラーゲンの合成に関わる、と言った大切な役割があります。しかし、年齢が高くなるごとに、どうしてもコラーゲンは少なくなり、頭皮の状況も悪化。だからこそビタブリッドCヘアーで、ビタミンCを頭皮に補給し、コラーゲンを復活させなければなりません。

 

もう一つ注目してほしいのが、皮脂の過酸化の抑制作用です。皮脂が酸化すると一気に頭皮環境が悪化します。角栓ができるようになると、髪の毛の成長を阻害してしまうことも。
ビタミンCを摂取すれば、皮脂が酸化する可能性が低くなります。参加による影響を頭皮が受けにくくなり、髪の毛も健やかに生えてくるようになる、というわけです。

 

 

誰におすすめなのか?

性別・年齢関係なくおすすめです。特に、頭皮環境が悪化している方におすすめしたい育毛剤です。
ビタミンCがメインの成分なので、副作用に関しても気にすることはありません。妊娠中の女性が利用しても平気、とされているほどです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加