ハゲ・薄毛と遺伝

 

 

前のページで、ハゲを改善するには毎日の生活習慣が何よりも大事だと書きました。

 

「じゃあ、遺伝でハゲてしまった人はどうするの?」
こう思う人もいると思います。

 

そこで、このページではハゲ・薄毛は遺伝するのかについて書いていきたいと思います。
すでに知っている人は読み飛ばしてください。

 

ハゲ・薄毛は遺伝するのかについて、結論から先に言ってしまうと、管理人がいろいろ調べた結果によるとハゲは遺伝するかしないかでいうと専門家の意見はだいたい7割くらいで遺伝するという意見が多いように感じます。

 

ただ、薄毛は完全に遺伝するという専門家もいれば、あくまでも遺伝するのは髪が薄くなりやすい体質であり、親が薄いからって自分も髪が薄くなるとは限らないという意見もあります。
どちらにせよ髪が薄くなりやすい体質は遺伝すると言えそうですね。

 

今までは身内に髪が薄い人がいると自分も薄毛になりやすいと言われていましたが、最近では母方の祖父の頭髪を見るのがいいとも言われています。
とにかく遺伝に関してはいろんな情報がありすぎてはっきりとは言えない状況です。汗

 

管理人自身がいろんな薄毛に関する専門書などを読んでみて思うのは、薄毛は完全に遺伝こそしないものの、上にも書いた薄毛になりやすい体質は遺伝しやすいということです。
実際、管理人の周りには身内に髪が薄い人がいるのにも関わらずフサフサな友人もいるので、このことから一概に薄毛が遺伝するとは言い切れないと思っています。

 

親がワキガだからって子供までワキガになりませんよね?
ケアや予防で体臭は十分防げるはずです。薄毛の遺伝もそれとおんなじことだと思います。

 

重要なのは、薄くなりやすい体質だとしたら今ある髪をいかに強く丈夫に生やすかです。
これをするにはやっぱり前のページでも言った規則正しい生活が欠かせません。

 

薄毛で遺伝しやすいのは体質なので前向きに育毛に取り組みましょう。

 

次のページは、毛が生えてくる仕組みについてです。
戦をしたければまずは敵を知ること。

 

髪の仕組みを知り正しい育毛に役立てましょう。

 

 

 

<<ハゲを治すには生活習慣が大事! | トップページ | 髪の毛と毛が生える仕組み>>

このエントリーをはてなブックマークに追加