頭皮にあったシャンプーの選び方

薄毛の改善や予防を考えたとき、日々のシャンプー方法が非常に大切になります。

 

価格が安いからや、美容師さんからすすめられたではなく、自分の頭皮に合ったシャンプーを選び使うことで、薄毛の予防効果や頭皮環境改善効果が期待できます。

 

ちなみに、自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを選ぶためには、まず自分の頭皮の肌質を把握してやる必要があります。

 

今回の記事では頭皮環境から見たおすすめのシャンプーの選び方をお伝えします。

 

目次

 

まずは自分の頭皮の肌タイプを知るべき

頭皮の肌質は大きく3つに分けることが出来ます。

 

それが普通肌、オイリー肌(脂性肌)、乾燥肌です。

 

この3つの肌質の違いは頭皮における皮脂の分泌量によって生じます。

 

ここからは、それぞれの頭皮の肌質の特徴を紹介していきます。

 

普通肌の頭皮

普通肌の頭皮は皮脂が正常に分泌されている状態です。

 

下記で紹介するオイリー肌や乾燥肌の特徴に当てはまらないなら、普通肌と考えてよいでしょう。
理想的な頭皮の状態が普通肌です。

 

▲目次に戻る

 

オイリー肌の頭皮

オイリー肌は頭皮に皮脂が過剰に分泌されている状態です。
オイリー肌の頭皮の特徴としては下記のものが挙げられます。

 

・頭皮を触るとべたつく感覚がある
・フケが髪の毛に張り付いている
・抜け毛の毛根が白く、触ると粘り気がある
・頭皮のニオイが気になる

 

これらの特徴に当てはまるようなら、頭皮の皮脂分泌が過剰なオイリー肌になっていると判断しましょう。

 

▲目次に戻る

 

乾燥肌(敏感肌)の頭皮

乾燥肌は頭皮に皮脂が不足している状態です。

 

乾燥肌の頭皮の特徴としては下記のものが挙げられます。

 

・頭皮を触るとカサカサした感覚がある
・白い乾燥したフケがよく肩などについている
・生え際にうろこ状の湿疹が出ている

 

これらに当てはまる場合、頭皮に皮脂が不足した乾燥タイプの状態である可能性が濃厚です。

 

▲目次に戻る

 

 

どんな頭皮タイプも低刺激のシャンプーを選ぶことが大事

ここからは3つの頭皮の状態に合わせてどのようなシャンプーを選び使うべきなのかについて説明していきます。

 

ただし、頭皮がどんな状態でも、頭皮環境を健やかに保つために、商品を選ぶ際に意識すべきポイントが2つあります。

 

・石油由来の高級アルコール系シャンプーは使わない
・シャンプーの回数は1日1回まで(それより少なくても可)
・防腐剤無添加が理想

 

高級アルコール系シャンプーは強力な洗浄力を持つ石油系界面活性剤(硫酸系洗浄成分)が配合されたシャンプーです。

 

硫酸系洗浄剤は配合されている高級アルコール系シャンプーについて詳しくは以下のページをご覧ください。

 

石油系シャンプー、高級アルコール系シャンプーの特徴

 

高級アルコール系シャンプーで頭皮を洗浄すると、その洗浄力の強さから頭皮の汚れだけでなく必要最低限の皮脂まで根こそぎ洗い流されます。
これによって、頭皮に皮脂が不足する乾燥肌などの頭皮トラブルになります。

 

また、頭皮に皮脂が不足することによって、逆に頭皮を乾燥から守るため、どんどん皮脂が分泌されてオイリー肌になることもあります。

 

どちらにしても頭皮の皮脂分泌が乱れることは間違いありません。

 

したがって、自分の頭皮がどの状態であっても高級アルコール系シャンプーの利用は避けましょう。

 

ちなみに、自分が使っているシャンプーの成分表示に「ラウリル硫酸〜」、「ラウレス〜」、「スルホン〜」といった名前の洗浄剤があれば、合成界面活性剤が使用されておりそのシャンプーは高級アルコール系シャンプーです。

 

では、頭皮のことを考えたときに、刺激性がなくどのような安全性の高いシャンプーを使うのがよいのか?

 

その答えは植物性のアミノ酸系シャンプーです。

 

アミノ酸系洗浄成分のスカルプシャンプーの詳しい特徴は以下のページをご覧ください。

 

アミノ酸系のシャンプーの特徴

 

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱く頭皮の皮膚に優しいという特徴があります。
それが頭皮の皮脂の分泌を乱さないことにつながります。

 

最近では、頭皮環境を改善させたり血行促進などの育毛効果を持つスカルプシャンプーも多く販売されています。

 

したがって、頭皮環境を正常に保ち育毛効果も得られる、アミノ酸系シャンプーを使うのがおすすめです。

 

また、もう一つ意識したいのがシャンプーの回数。

 

シャンプーの回数は多くても1日に1回までとしましょう。

 

では、逆にシャンプーの回数を減らすとどうなるのか?
実は頭皮環境の改善につながる場合があります。

 

特に乾燥肌の人はシャンプーを2日に1回、もしくは3日に1回程度の頻度に減らすと、皮脂が分泌され、頭皮環境が改善することがあります。

 

したがって、乾燥肌の人はまずシャンプーの回数を減らしてみましょう。
ただ、シャンプーの回数を1日1回にすると、オイリー肌の人は皮脂で頭皮が脂ぎってしまい、洗い上がりに不快感を感じるかもしれません。

 

オイリー肌で頭皮に不快感を感じているなら、シャンプーを使わない湯シャンがおすすめです。
ポイントは湯シャンの際に42℃以上の熱いお湯を使うこと。

 

このくらいの熱い温度のお湯で頭皮を洗うと、頭皮にこびりついた皮脂が溶けて洗い流されます。
したがって、湯シャンでも頭皮のべたつきを改善する効果が期待できます。

 

反対に絶対やってはいけないのが、頭皮が脂ぎっているからと、1日に複数回以上シャンプーをすること。
これによって、洗い流された頭皮の皮脂を補うために、皮脂の分泌が促進され、さらにオイリー肌が悪化します。

 

オイリー肌の人は頭皮が脂ぎっていると感じたら、まず湯シャンするのが良いでしょう。

 

ちなみに、最後に解説しておきたいのがトリートメントやコンディショナーなどに配合されているシリコンの存在。
頭皮環境の改善を考えるなら、シリコンシャンプーはNG。

 

シリコンが悪役のように言われますが、シリコン自体に頭皮環境を悪化させる要因はありません。
シリコンは髪の毛をコーティングして保護する役割を担っています。

 

問題なのは、シリコンシャンプーにはシリコンで髪の毛の保護が必要になるほど、強力な洗浄成分が配合されているということです。

 

その強力な洗浄成分が頭皮の皮脂分泌の乱れを引き起こします。
これがシリコンシャンプーを避けるべき理由です。

 

▲目次に戻る

 

 

普通肌の頭皮のシャンプーの選び方

頭皮が普通肌(ノーマル肌)の人であれば、頭皮の皮脂分泌は正常なため、特別な対策は不要です。

 

ただし、脱脂力の高い高級アルコール系シャンプーを利用している、シャンプーを1日複数回以上行っているといった事実があれば、改善の余地があります。

 

その場合、アミノ酸系シャンプーを使ったり、シャンプーの回数を減らすといったことを心がけましょう。

 

▲目次に戻る

 

 

オイリー肌の頭皮のシャンプーの選び方

頭皮がオイリー肌(脂性タイプ)の人の場合、洗浄力の弱いアミノ酸系シャンプーを使って、まず頭皮の皮脂分泌を正常化しましょう。
基本的にはアミノ酸洗浄成分のシャンプーを利用することで、頭皮の皮脂の過剰分泌が抑えられ、オイリー肌は改善していきます。

 

ただ、頭皮がオイリー肌の人の場合、アミノ酸系シャンプーの洗浄力の弱さのために、頭皮に過剰に分泌された皮脂を洗浄しきれないという問題が生じることもあります。

 

この場合、アミノ酸系シャンプーよりも洗浄力が高く、かといって高級アルコール系シャンプーよりは洗浄力が抑えられている天然由来の石鹸シャンプーが効果を発揮します。

 

基本はアミノ酸系シャンプーがおすすめですが、それで症状が改善しないようなら、石鹸系のシャンプーを使ってみるのも選択肢の一つです。

 

ただし、石鹸シャンプーを利用する際には一つ注意点があります。

 

それが本来弱酸性の髪の毛をアルカリ性に変えてしまうと言う点。

 

髪の毛はアルカリ性の性質を帯びると表面のキューティクルが開いて、中の栄養分や水分が流れ出てしまいます。
したがって、石けん系シャンプーを使った後は石鹸シャンプー専用のリンスやクエン酸・酢を水に溶かして作った自作のリンスを用いて、髪の毛を弱酸性に戻してやることを忘れないようにしましょう。

 

リンスをすることで、ゴワゴワとした毛先や手触り、指通りの悪さも解消されます。

 

また、頭皮の皮脂が過剰に分泌されていると、フケやかゆみの原因になることがあります

 

頭皮がオイリー肌でフケやかゆみの症状がある人は、殺菌効果のあるフケ・かゆみを抑える成分を配合した医薬部外品のシャンプーをおすすめします。

 

医薬部外品のシャンプーは「薬用シャンプー」と呼ばれています。
薬用シャンプーにはふけ・かゆみを抑える有効成分として、成分表記にサリチル酸・ピロクトンオラミン・グリチルリチン酸ジカリウム等が配合されています。

 

特にサリチル酸は頭皮の皮脂を分解する効果があることが分かっており、皮脂の過剰分泌の改善に高い効果を示します。

 

したがって、頭皮がオイリー肌の人はサリチル酸配合の薬用シャンプーを利用することをおすすめします。

 

フケやかゆみを放置しておくと、最終的に脂漏性皮膚炎を発症し抜け毛を引き起こす可能性もあります。
脂漏性皮膚炎については以下の記事で詳しく解説しているので、気になる人はご覧ください。

 

脂漏性皮膚炎

 

▲目次に戻る

 

 

乾燥肌の頭皮のシャンプーの選び方

頭皮が乾燥肌(敏感肌)の人はアミノ酸系シャンプー(ベタイン系)を使用する、シャンプーの回数を減らすといった対策を行っていきましょう。

 

また、特に頭皮の乾燥がひどい場合であれば、頭皮を保湿する効果のあるホホバオイル・アルガンオイルといったオイルを使ってやるのもおすすめです。
この2つのオイルは皮脂の成分とよく似た性質を持ち、頭皮に塗布すると、皮脂の代わりを果たして、かゆみやフケの発生を防いでくれます。

 

最近の育毛シャンプーにはこれらのオイルや頭皮環境改善に効果のある天然成分を配合しているものもあるので、そういったシャンプーを使ってみるのもおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

 

まとめ

自分の頭皮の状態に合ったシャンプーに出会えるかは、発毛環境を整えたり、薄毛対策の行方を大きく左右します。

 

上記の記事を参考にまず自分の頭皮タイプを把握し、それぞれの頭皮タイプに合ったシャンプーの選び方について理解していきましょう。

 

また、シャンプー前にはブラシで髪をとかしたり素洗いを行ったりなど正しいシャンプーケア方法を実践することも大事です。

 

以下の記事で、正しいシャンプー方法とヘアケアについて解説しているのでご覧ください。

 

シャンプーを使った正しい洗い方
薄毛の女性のシャンプー方法

 

このサイトでコスパがよくオススメしているシャンプーに関しては以下の育毛シャンプーランキングを参考にしてみてください。

 

育毛シャンプーランキング

 

また、頭皮に優しいシャンプーを選んだあとは、育毛剤を使用することでさらに、頭皮と髪の状態を整えることが可能です。

 

詳しくは以下の育毛剤の選び方をご覧ください。

 

育毛剤の選び方
女性の育毛剤の選び方

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加