頭皮の臭いと薄毛

頭皮の臭いがあるのは頭皮環境が乱れていることが理由であり、放っておくことは頭皮や髪の毛にとっていいことはなくハゲにもつながります。

 

自分自身の頭皮が出す加齢臭を除き、頭皮が臭うってことは何かしらの原因があるはずです。

 

そもそも、頭皮に問題があるから臭っているわけです。

 

正常な頭皮からはそれほど強い臭いは発せられません。

 

この記事では、以下について詳しく解説します。

 

・頭皮の臭いと薄毛との因果関係
・男性と女性の頭皮の臭いはなぜ発生するのか
・頭皮の匂いを抑える対策方法

 

目次

 

頭皮から強い臭いが出てしまう原因

自分の体臭や頭皮から出ている悪臭は、なかなか自分自身では気づかないことが多いです。

 

そんな人は、自分の使っている枕のニオイをかいでみてください。

 

臭かったら頭皮が臭っている証拠です。

 

頭皮が臭う人は、頭皮環境が乱れている可能性が高いです。

 

頭皮環境の乱れを放っておくと、血行不良や髪にうまく栄養が廻らなくなり抜け毛を引き起こす原因となります。

 

枕の臭いを嗅いで少しでも自分の頭皮の臭いの疑いがある人は、以下の頭皮の臭いが強くなりやすい原因を読んで自分に当てはまるかチェックしてみてください。

 

・頭皮の汗や頭皮の皮脂の量が多い
・シャンプー後に髪の毛をきちんと乾かしていない
・シャンプーのすすぎが甘い
・過度の飲酒による頭皮の臭い
・ストレスによる頭皮の臭い
・睡眠不足が原因の頭皮の臭い
・喫煙による頭皮の臭い

 

頭皮の汗や頭皮の皮脂の量が多い

まず把握して欲しいのが、頭皮のにおいの原因は頭皮の雑菌と湿気が関わっているということです。

 

頭皮は汗をかきやすく皮脂が多く発生しやすい部位です。

 

さらに、他の部位に比べて、頭皮には多くの皮脂腺があることでも知られています。

 

基本的に頭皮は湿気が満載となっているのです。

 

頭皮に湿気があると繁殖してしまうのが菌です。

 

頭皮にはもともと細菌がおり、頭皮の汗や皮脂などを餌にして繁殖しています。

 

頭皮にエサとなる汗や皮脂が大量にある状態が続いてしまうと、菌にとっては天国です。

 

どんどんと頭皮で繁殖してしまい、汗と皮脂の分解を繰り返していきます。

 

頭皮の細菌が汗と皮脂を分解する時に臭いが発生してしまうのです。

 

シャンプーをしていても、頭皮の皮脂などが取り切れていないことがあります。

 

頭皮の皮脂や老廃物が残っていると、またそこから菌が繁殖しやすい状態となっているので、洗髪しても臭いが出てしまうんです。

 

また、帽子などを頻繁に被る人は頭皮に汗や湿気を蓄えやすく頭皮の臭いの原因となってしまうため注意が必要です。

 

頭皮の汗や頭皮の皮脂の量が多いと自覚している人は、この記事内の「頭皮の臭いの原因である頭皮の皮脂の大量分泌を抑える方法」をご覧ください。

 

▲目次に戻る

 

シャンプー後に髪の毛をきちんと乾かしていない

髪の毛を洗ったあとには、基本的にタオルドライをします。

 

タオルドライの後に、ドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かします。

 

ドライヤーに関してはあまりに長時間利用したり、頭皮に近づけて利用したりしてしまうと、頭皮の乾燥を招くことがあります。

 

ですが、ドライヤーは正しく使用すれば髪の毛を乾かすためには非常に素晴らしいアイテムです。

 

シャンプー後にドライヤーを使わずに髪の毛を乾かさないような状況を作ってしまうと、髪の毛や頭皮にカビが発生してしまいます。

 

しかもカビは厄介なことに、頭皮の角質が大好きなのです。

 

頭皮の角質をエサに、どんどんとカビが頭皮に増殖してしまいにおいを発生させます。

 

生乾きのタオルのような臭いが頭皮からしてしまうことも考えられるのです。

 

放っておくと頭皮環境が悪化し、頭皮のニオイの原因となるだけでなく薄毛にもつながるので注意しましょう。

 

この他にも、頭皮の臭いが気になる人は一度シャンプーの方法についても見直すのがいいでしょう。

 

詳しくはこの記事内の「シャンプーを繰り返し行うと強い頭皮の臭いが発生してしまう」をご覧ください。

 

▲目次に戻る

 

シャンプーのすすぎが甘い

シャンプーのすすぎ残しがあると頭皮の臭いだけでなく、頭皮トラブルを招いてしまいます。

 

シャンプーのすすぎが甘く、頭皮に残してしまうとフケ症になってしまうこともあります。

 

そして、フケとして出た角質を餌にする菌が増えて頭皮の臭いを発生させてしまうこともあります。

 

シャンプーのすすぎはシャンプーをした時間の2倍行うのがおすすめです。

 

それくらい入念に頭皮のすすぎを行ってでも、シャンプーのすすぎ残しによる臭いの原因や薄毛にもつながりかねない頭皮トラブルの可能性を減らすべきです。

 

シャンプー方法に不安のある人は、この記事内の「シャンプーを繰り返し行うと強い頭皮の臭いが発生してしまう」を参考にご覧ください。

 

▲目次に戻る

 

過度の飲酒による頭皮の臭い

過度の飲酒で肝臓がアルコールを分解できないと、頭皮の臭いとなる場合があります。

 

アルコールの分解に栄養を消費されてしまうため、肝臓機能が低下し頭皮の臭いだけでなく髪の栄養不足へもつながり薄毛にもなりやすくなるんです。

 

心当たりがある人は、過度な飲酒を控えてみるのも、頭皮の臭いの原因をなくすのに効果的です。

 

▲目次に戻る

 

ストレスによる頭皮の臭い

ストレスは日常の行動や激しい運動時に優位となる交感神経を活発にさせ、活発になった交感神経は男性ホルモンのホルモンバランスを乱し過剰に分泌させます。

 

この男性ホルモンには、頭皮の皮脂を過剰に分泌させる働きもあります。

 

そのため、強いストレスを受ける事は頭皮の皮脂の増加により頭皮の臭いと頭皮環境の悪化による薄毛につながります。

 

また、ストレスには血管を収縮させ血流を悪化させる働きもあるため、髪に栄養が行き渡りづらくなります。

 

ストレスを日常的に感じている人は、以下のストレスが原因の薄毛改善についての記事をご覧ください。

 

 

睡眠不足が原因の頭皮の臭い

ストレスは皮脂腺を活発化させることは上に書きましたが、睡眠には日中に溜まったストレスを解消してくれる役割もあるんです。

 

睡眠不足によりストレスが解消されにくくなることや睡眠不足自体がストレスを引き起こすことにより、頭皮の皮脂が増加し臭いにつながります。

 

頭皮の臭いが強くなるだけでなく、睡眠不足となると髪の成長にも影響します。

 

睡眠と薄毛の関係について詳しくは、以下の記事で解説しているのでご覧ください。

 

 

▲目次に戻る

 

喫煙による頭皮の臭い

喫煙は男性ホルモンを活発化させる交感神経を刺激するため、頭皮の皮脂の分泌も活発化してしまいます。

 

頭皮の臭いや薄毛が気になる人は、喫煙をやめることをおすすめします。

 

それと同時に、頭皮の臭いを抑えるために日常生活でできる対策もこの記事内の「頭皮の臭いの原因である頭皮の皮脂の大量分泌を抑える方法」で解説しています。

 

参考にご覧ください。

 

▲目次に戻る

 

 

頭皮の臭いを放っておくと薄毛の原因になる

頭皮の臭いの原因は放っておくと抜け毛や薄毛の症状につながる原因となります。

 

頭皮の臭いが出る状況は、頭皮環境にとっても良くないのでその状態を放置すると頭皮ダメージにもつながるんです。

 

また、頭皮の皮脂が酸化して臭いを発生させますが、酸化した頭皮の皮脂を放っておくと細菌の大量繁殖により、頭皮が刺激を受けかゆみやフケの原因となるんです。

 

これらは全て頭皮や髪へのダメージにつながり、臭いを出している頭皮は、ニオイによって薄毛になるのではなく、頭皮環境が乱れた状態だから臭いが発生し、その結果薄毛につながってしまうんです。

 

さらに、頭皮の皮脂は健康な人の頭皮だと外部の刺激からのバリアーとして働いています。

 

ですが、皮脂が酸化し正常に頭皮バリアとして機能していない場合、外部からの刺激を受けやすくなり、頭皮環境が悪化し薄毛になりやすくなります。

 

頭皮の皮脂の過剰分泌を放置しておくと、炎症や脱毛につながる脂漏性皮膚炎を引き起こします。

 

脂漏性皮膚炎は、強い頭皮の臭いを発する病気で皮膚科などの病院での専門家による治療が必要になることもあります。

 

放っておくと脂漏性脱毛症も引き起こすので早めに治療をすることがポイントです。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

脂漏性皮膚炎

 

頭皮の臭いの原因の皮脂の分泌を抑える方法は以下をご覧ください。

 

▲目次に戻る

 

 

頭皮の臭いの原因である頭皮の皮脂の大量分泌を抑える改善方法

頭皮の臭いと薄毛の関係性を解説したところで、次は頭皮の臭いを抑える対策と予防方法を紹介していきます。

 

頭皮の臭いを抑える方法には以下の3つの方法がオススメです。

 

・頭皮の皮脂腺を活性化させない食生活方法
・正しいシャンプー方法を身に付ける
・臭いの元をなくす殺菌効果のある育毛剤を使う

 

一つずつ解説していきます。

 

頭皮の皮脂腺を活性化させない食生活方法

食事の内容によっては、頭皮の毛穴の皮脂腺が活性化してしまい、皮脂を大量分泌させてしまう体質になることもあるのです。

 

頭皮の臭いを抑えるためには食事の仕方で皮脂の分泌量を抑えて、頭皮の皮膚に住み付く菌に餌を与えないことです。

 

そこで注目して欲しいのが、以下の食事に関する2点です。

 

  • 肉料理の量をセーブする
  • お菓子の食べる量をセーブする

 

肉料理には大量の油が入っていることも珍しくありません。

 

魚料理や鶏肉などであれば、肉料理にくらべてそれほど脂は多くありません。

 

しかし、牛肉や豚肉を大量に食べてしまうと、脂を大量に体内に供給してしまうことになります。

 

身体が脂肪を消費できる量をオーバーしてしまうほど摂取したら、皮脂腺からも脂を皮脂として排出しようとする状況になってしまいます。

 

特に頭皮や顔には大量の皮脂腺があるので、結果的に脂でギトギトになってしまうのです。

 

肉料理が好きな方もいると思いますが、魚料理や鶏肉中心にしたり、野菜などの栄養バランスを整えることが大切です。

 

また、甘いものやお菓子などには、作るときに油が多く含まれているケースが多いです。

 

オイルを使って揚げているお菓子も少なくありませんよね。

 

その脂も頭皮の皮脂腺を活動的にしてしまう要因になります。

 

毎日お菓子を食べている方は、お菓子を食べる量を減らしてください。

 

頭皮の皮脂の量は確認できないかもしれませんが、顔がベトついたりテカりやすい方はお菓子の食べる量が多いのかもしれません。

 

手っ取り早く頭皮の皮脂をおさえ、頭皮トラブルを防ぎたい人はこの記事内でも解説している「頭皮環境の乱れには育毛剤もおすすめ」をご覧ください。

 

▲目次に戻る

 

 

シャンプーを繰り返し行うと強い頭皮の臭いが発生してしまう

頭皮に皮脂や汗、整髪剤などが残存することで、強い臭いが発生してしまうことは間違いありません。

 

しかし、だからといってシャンプー剤での頭皮の洗いすぎには大きなデメリットがあります。

 

シャンプーを繰り返し行なってしまうと、頭皮には皮脂も汗もなくなります。

 

シャンプーで頭皮を洗った直後は確かに、臭いが発生する要因はありません。

 

しかし、間違ったシャンプー方法やシャンプーのしすぎで頭皮の皮脂を洗い落としすぎることによって頭皮が乾燥してしまうのです。

 

頭皮に潤いを与えている皮脂を完全に取り切ってしまうのは、頭皮に大きな問題をトラブルなどを発生させ臭いだけでなく薄毛の原因になりかねません。

 

頭皮に皮脂がなくなり乾燥状態に陥ってしまうと、頭皮の皮脂腺は危険を察知します。

 

頭皮に外部からの刺激や紫外線などにより傷んでしまうことが分かるのです。

 

そしてその状況を改善するために、頭皮の皮脂分泌が多くなります。

 

結果的に、脂性肌となり頭皮の臭いの元となる菌の繁殖の原因を作ってしまいます。

 

▲目次に戻る

 

どのくらいの頻度でシャンプーをすべきか?

シャンプーの1日あたりの回数は1回にとどめてください。

 

1日に2回以上シャンプーを行ってしまうと、頭皮の皮脂量を増やしてしまいかねません。

 

夏場に関しては汗もあり頭皮が気持ち悪くなることもあるでしょう。

 

そんな時には、1日1回のシャンプー以外はぬるま湯で軽く頭皮を流す方法がおすすめです。

 

頭皮の皮脂は水では落ちにくいですが、お湯だとある程度流れます。

 

高温だと頭皮の皮脂が多く流れでてしまうので、36度から37度程度のぬるま湯が適切なのです。

 

頭皮マッサージと合わせて1日1回のシャンプーに改善しましょう。

 

▲目次に戻る

 

シャンプー選びの種類にも気をつけるべし

頭皮の皮脂を落としすぎずほどよく残しておくには、育毛シャンプーと呼ばれるアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

 

アミノ酸シャンプーは、洗浄力こそ強くありませんが、頭皮上のホコリなどの汚れはしっかりと流してくれます。

 

ドラッグストアなどで購入できる石鹸シャンプーと高級アルコールシャンプーなどの商品は、洗浄成分の脱脂力が高すぎるので、頭皮を乾燥させてしまいフケやかゆみなどの大きな問題を発生させかねません。

 

頭皮にある皮脂を完全に奪い去ってしまいかねないのです。

 

更に、頭皮に対する刺激をも発生させかねないので、十分に注意してください。

 

管理人が実際に使用してみたシャンプーシリーズの体験談やランキングは以下の記事からご覧ください。

 

頭皮に優しい管理人おすすめスカルプシャンプーはコチラ

 

▲目次に戻る

 

 

頭皮環境の乱れには育毛剤もおすすめ

頭皮の皮脂の過剰分泌やフケ、かゆみなどの頭皮トラブルは育毛剤の使用もおすすめです。

 

育毛剤には、頭皮のフケやかゆみ、臭いを殺菌してくれる効果のあるヘアケア成分が配合されています。

 

先に書いた使用する頭皮ケアシャンプーを変えても、頭皮環境の改善に効果のない場合は、育毛剤の使用もおすすめです。

 

育毛剤には、頭皮環境を整えるのと同時に、頭皮の血行促進をしたりと発毛促進効果も得られるので薄毛治療にも効果的なケア方法です。

 

とくに最近では高機能の育毛剤が多く販売されていて、中でもチャップアップには81種類もの育毛成分が配合されています。

 

さらにチャップアップには頭皮環境の改善だけでなく男性型脱毛症(AGA)に育毛効果もあります。

 

円形脱毛症のような特殊な病気ではない限り、だいたいの薄毛の原因に対して育毛剤チャップアップの使用で育毛効果を得られるでしょう。

 

チャップアップの公式サイトを見る

 

チャップアップの詳しい効果については以下の記事をご覧ください。

 

チャップアップの効果

 

女性用だけでなくおすすめ男性育毛剤がわかる関連記事は以下の育毛剤ランキングと公式サイトをご覧ください。

 

育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

ハゲを治す方法
男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性用育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
育毛剤の比較

 

▲目次に戻る

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加