ノエビア薬用ゴーモアの 成分・効果・価格

育毛剤の中で今話題を集めているのがチャップアップです。一方で、一流化粧品メーカーであるノエビアから出てきた育毛剤が「ノエビア薬用ゴーモア」です。医薬部外品となっており、高い効果も期待されています。育毛剤の王者であるチャップアップに匹敵する存在ではないのか、と注目されているのです。

 

こちらでは、ノエビア薬用ゴーモアの情報を網羅します。どのような特徴のある育毛剤なのか知りたい、という方は要チェックです。

 

特に成分と効果、そして価格について解説するので、購入するかを決める時の一助としてもらえたらうれしいです。

 

 

ノエビア薬用ゴーモアの特徴

 

大手の化粧品メーカーが出している育毛剤

利用に関しては安心感、というものがあります。女性のお肌用の化粧品を多く作ってきたノエビアです。そこの育毛剤であれば、頭皮環境を悪化させるようなことはないのではないか、といったことも考えら得るわけです。
ノエビアでは、様々なヘアケア商品、さらにボディケア商品をこの世に生み出しています。多くの女性から支持されている事実もあります。

 

女性用の化粧品しか出していないのではないか、と思っている方もいるかもしれません。しかし、オーデコロンやアフターシェーブローションなども生み出しています。
頭皮ケアアイテムであるヘヤートニックもありますし、男性用スタイリング剤も販売しています。

 

女性用の化粧品のイメージしかないかもしれませんが、ノエビアでは男性用アイテムの製造販売に関するノウハウもしっかりと持っているのです。

 

たくさんの成分が含まれている

大手の出している育毛剤は、成分量が少ないタイプもあります。10種類しか20種類しか含んでいない育毛剤も多く販売されています。
しかし、ノエビア薬用ゴーモアに関しては、たくさんの成分がしっかりと含まれているのです。

 

ノエビア薬用ゴーモアに含まれる有効成分

・セファランチン・酢酸DL-α-トコフェロール・β-グリチルレチン酸

 

ノエビア薬用ゴーモアに含まれるその他の成分

・水・エタノール・フェニルエチルアルコール・マツエキス・明日葉エキス・海藻エキス・シーグラスエキス・ユーカリエキス・BG・I-メンチルグリセリルエーテル・I-メントール・N-[2-ヒドロキシ-3-[3-(ジヒドロキシメチルシリル)プロポシ]プロピル]加水分解シルク・アクリルアミド・アクリル酸、塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液・オランダカラシエキス・オレンジフラワー水・キサンタンガム・クエン酸・クエン酸Na・グリシン・茶エキス・唐辛子チンキ・トリメチルグリシン・ヒドロキシエチルセルロース・ピロ亜硫酸ナトリウム・ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油・塩化亜鉛・濃グリセリン

 

有効成分は3種類配合されており、その他の成分は27種類も含まれています。合計30種類もの成分が含まれているのです。もちろん、すべての成分が育毛に役立つわけではありませんが、数種類や十数種類の成分しか含まれていない育毛剤とは全く異なります。

 

様々な成分が含まれていることで、成分ごとの相乗効果、というものまで期待できるわけです。

 

 

男性専用ではなく、あくまで男女兼用の育毛剤である

女性用のゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤というものもありますが、ノエビア薬用ゴーモアに関しては男性用というわけではありません。
男性用として作られた、といった経緯はありますが、女性が利用しても問題ありません。女性が利用しても効果が期待できる育毛剤なので、性別を選ばずに利用できるのです。

 

男性と女性は一部原因が異なる薄毛もありますが、一緒の原因が関係していることも少なくありません。血行不良や頭皮環境の悪化、と言うものは男女関係なく発生するものです。ですから、男女兼用の育毛剤であるからといって問題はありません。

 

 

比較的歴史のある育毛剤である

ノエビア ゴーモア薬用育毛剤に関しては、2007年から株式会社ノエビアによって発売が開始されています。2016年の現在で、すでに10年近く経っている歴史のある育毛剤なのです。

 

長く販売されている、ということは、危険性についてはほとんど心配ない、ということもいえます。多くの方が利用して問題を起こしてきていないので、心配することなく利用できる育毛剤。といった特徴があるわけです。

 

新商品の育毛剤の場合は、どのような悪影響が出るか分かりません。もしかしたら自分の肌には合わない、といった可能性もあるわけです。薄毛を進行させてしまうような育毛剤も、もしかしたらあるかもしれません。
ノエビア ゴーモア薬用育毛剤のように、長期間販売されている育毛剤であれば、マイナスの作用、といったものは起こらない、と考えられるわけです。

 

 

大学の医学部とノエビアが共同開発した育毛剤である

ノエビア ゴーモア薬用育毛剤はあの慶応大学医学部との共同研究によって開発されたものなのです。

 

その研究によると、生体内にあるタンパク質の一種である「Wnt(ウィント)5a」と呼ばれるものが育毛効果を持っている、とのことなのです。「Wnt(ウィント)5a」には毛乳頭細胞が低栄養状態になるのを防ぐ機能があります。さらに、毛乳頭細胞が死滅するのを防ぐ働きまで確認されました。

 

ノエビア ゴーモア薬用育毛剤は、その「Wnt(ウィント)5a」の生成を促進させる成分が含まれています。最新の育毛の研究によって作り出されたのが、ノエビア ゴーモア薬用育毛剤というわけです。

 

 

女性用ノエビア ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤もある!

ノエビア薬用ゴーモアに関しては、男女兼用タイプだけがあるわけではありません。女性用育毛剤である「ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤」と呼ばれている女性用の育毛剤も実際に販売されているのです。

 

こちらでは、「ノエビア薬用ゴーモア」と「ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤」の違いを明らかにしていきます。

 

 

価格に違いあり

・ノエビア薬用ゴーモア(ゴーモア 薬用育毛剤)・・・8,000円(税込み8,640円)
・ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤・・・5,000円(税込み5,400円)

 

女性用育毛剤のほうが値段的には有利となっています。
なぜ女性用のほうが安いのか、ということですが、まずは単純に容量の問題があります。

 

・ノエビア薬用ゴーモア(ゴーモア 薬用育毛剤)の容量・・・200ミリリットル
・ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤の容量・・・120ミリリットル

 

容量に関しては、値段が高い通常タイプのノエビア薬用ゴーモアのほうが多くなっているのです。ですから、当然ゴーモア 薬用育毛剤のほうが値段は高くなります。

 

もう一つ考えられる理由には、男女兼用タイプの育毛剤の価格相場と女性用育毛剤の価格相場には違いがある、ということです。

 

・男女兼用タイプの1本あたりの価格相場・・・10,000円前後
・女性用育毛剤の価格相場・・・5,000円前後

 

男女兼用タイプに関しては、男性が購入するケースも多くなっているので、かなり価格は強気の設定になっていることが多いのです。一方で、女性用育毛剤に関しては、基本的に安いものが少なくありません。安いものになると、1本あたり3,000円台や4,000円台のものもあるのです。

 

女性用育毛剤に関しては、低価格のライバルが居るのでどうしても価格を下げざるを得ない、といった理由があります。

 

最も多く配合されている有効成分に違いあり

・ノエビア薬用ゴーモア(ゴーモア 薬用育毛剤)・・・セファランチン
・ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤・・・ニンジン抽出液

 

どちらの成分に関しても効き目が弱い、ということはありません。双方ともに育毛効果が認められており、有効成分とされているのです。

 

セファランチンには主に抗アレルギー作用、さらに血行促進作用や免疫機能増強作用といったものがあります。円形脱毛症にも効果があるのではないか、とされている素晴らしい育毛成分の一つです。

 

ニンジン抽出液に関しては、血行促進作用や抗酸化作用、そして抗炎症作用があります。ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤に関しても、血行促進作用と頭皮環境を改善させる機能があることがわかります。

 

双方ともに同じような機能を持った成分を最も多く配合しているわけです。しかし、配合している成分には違いを持たせている、という部分には注目しておきましょう。

 

※セファランチンは、ツヅラフジ科のタマサキツヅラフジなどの根に含まれているアルカロイドです。天然成分です。
※ニンジン抽出液に関しては、オタネニンジン(朝鮮人参)が利用されています。希少なニンジンから抽出したエキスを利用しているのです。

 

 

香料の有無に違いあり

・ノエビア薬用ゴーモア(ゴーモア 薬用育毛剤)・・・香料なし
・ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤・・・香料あり

 

男性用として開発されて、女性も使って良いとされるノエビア薬用ゴーモア(ゴーモア 薬用育毛剤)には香料は含まれていません。
一方で、女性用として作られたゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤には香料が使われているのです。女性の中には育毛剤の臭いが気になる、という方も多いです。女性用だからこそ含まれている、といった考え方もできます。

 

香料に関しては、危険性が高いとまでは言いません。しかし、頭皮に関して一定の影響は否めません。香料は添加物でもあるので、頭皮にアレルギーを発生させてしまう可能性があります。

 

お肌が弱い敏感肌や乾燥肌の方も、なるべく香料が含まれている育毛剤は利用しない方が良い、とされています。

 

 

頭皮への塗布方法が異なってくる

・ノエビア薬用ゴーモア(ゴーモア 薬用育毛剤)・・・ノズルタイプ
・ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤・・・スプレータイプ

 

ノズルタイプに関しては、特定の場所にピンポイントで育毛剤を塗布できる、といったメリットがあります。
スプレータイプに関しては、頭皮全体に満遍なく塗布する、ということができます。

 

要は、男性型脱毛症に対応しているか、それとも頭皮の全体的な薄毛に対応しているか、という違いがあるのです。

 

ノズルタイプであれば、男性型脱毛症のように前頭部だけ頭頂部だけ、といった対処ができます。スプレータイプであれば、女性が発症しやすい頭皮全体の毛が薄くなるびまん性脱毛症や産後脱毛にも対応できるわけです。

 

男性型脱毛症が発症しているのであれば、ノズルタイプのノエビア薬用ゴーモア(ゴーモア 薬用育毛剤)をおすすめします。

 

一方で、血行不良などで発症するびまん性脱毛症などの、頭髪が全体的に少しずつ薄くなっている方はスプレータイプのゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤を利用すべきです。

 

 

ノエビア薬用ゴーモアの成分

ノエビア薬用ゴーモアに関しては、3種類の育毛有効成分と、その他の成分が含まれています。こちらでは、有効成分3種類とその他の成分の中で特に注目なものを抽出して解説します。

 

※2015年にリニューアルされており、配合されている成分にも変更が加えられました。こちらでは、最新のノエビア薬用ゴーモアに含まれている成分を紹介していきます。

 

 

ノエビア薬用ゴーモアの有効成分3つ

・セファランチン
・酢酸DL-α-トコフェロール
・β-グリチルリチン酸

 

上記の3種類の成分が有効成分です。特にセファランチンは成分表のトップに来ています。トップに来ているということは、最もその成分がその育毛剤に多く配合されている、ということなのです。
要は、ノエビア薬用ゴーモアの中心成分は「セファランチン」ということになります。

 

セファランチンとは

ツヅラフジ科の植物であるタマサキツヅラフジから抽出したアルカロイドないし、それを含む医薬品を指しています。もちろん育毛剤では、タマサキツヅラフジから抽出したアルカロイドを利用しています。

 

実は医薬品として利用された過去もあり、結核治療薬やハンセン病患者に対して投与された歴史もあります。しかし、注射時に激痛が走る、副作用から症状が悪化してしまう、といったことが見受けられました。

 

育毛剤としての利用については、口から入るものではありません。血液に入り込んでいくものでもないので、特に大きな副作用はない、とされています。

 

一方で、男性型脱毛症への適応についてはいくつかの考え方があります。

 

日本皮膚科学会は「C2(根拠がないので勧められない)」との評価を下しています。一方で、動物実験で効果が示されている、ということで人間の頭髪にも効果があるのではないか、としている専門家も少なくありません。

 

酢酸DL-α-トコフェロールとは

ビタミンEのことを指しています。
なぜビタミンEといわないのかというと、合成されたものだからです。α-トコフェロールを酢酸エステル化することでできた合成されたビタミンEが、酢酸DL-α-トコフェロールなのです。

 

黄色の透明な液体をしており匂いはありません。育毛剤に利用しやすい、といった特性があるわけです。

 

育毛剤にもよく利用されている成分の一つですが、スキンケア商品にも含まれています。女性がよく利用している美白美容液や、ニキビ対策クリームなどに含まれていることもあります。

 

<酢酸DL-α-トコフェロールがよく含まれている化粧品>
・育毛剤
・ヘアトニック
・スキンローション
・ベビーローション
・ハンドクリーム
・デオドラント剤など

 

β-グリチルリチン酸とは

マメ科の植物であるカンゾウ(甘草)の根に含まれている有効性部のグリチルリチンの誘導体となっています。科学的なネーミングではありますが、天然由来の成分なのです。

 

カンゾウは古くから漢方薬品にも利用されてきました。β-グリチルリチン酸は我々にとって身近な成分、といっても良いかもしれません。

 

実は調味料としても利用されており、アロエやキニーネのような苦味のあるものの味わいを緩和させる機能を持っています。また、胃潰瘍の治療にも効果的である、ということが認められています。

 

β-グリチルリチン酸は育毛剤以外にも様々な化粧品に利用されています。

 

<β-グリチルリチン酸が良く含まれている化粧品>
・育毛剤
・保湿クリーム
・ニキビ対策クリーム
・スキンローションなど

 

 

有効成分以外で注目すべき成分

 

【海藻エキス】
海藻エキスですが、わかめや昆布といった海藻の表面にあるヌルヌルの成分を利用しています。ヌルヌルの成分はフコイダンといって、海藻の乾燥を防いだり、海藻の傷口を塞いだり、といった機能を持っています。

 

海藻エキスというとわかりづらいかもしれませんが、M-034といえば「あ!あの成分か!」と思う方も居るでしょう。多くの育毛剤に含まれている成分であり、高い育毛効果でも知られています。発毛医薬成分の「ミノキシジル」と同等の機能があることも確認されました。

 

ノエビア薬用ゴーモアに海藻エキスは高配合されているわけではありませんが、しっかりと含まれている点は注目に値します。

 

【マツエキスとは】
マツ科植物であるセイヨウアカマツ(西洋赤松)の球果から抽出されたエキスのことを指しています。球果を水やエタノールで抽出しており、そのエキスの色合いは黄褐色となっています。
セイヨウアカマツ(西洋赤松)は、ドイツやロシア、そして北ヨーロッパに多く自生しています。栽培しているケースもあります。

 

マツエキスには様々な成分が含まれていることも知られています。

 

<マツエキスに含まれる成分例>
・アミノ酸
・フラボノイド
・リノレン酸
・リノール酸など

 

ヘアケア機能だけではなく消臭効果などもあるとされていますし、制汗機能もあるとされています。

 

【茶エキスとは】
ツバキ科ツバキ属の常緑大低木であるチャノキ(茶の木)の葉っぱから抽出されるエキスの事を指しています。
消臭効果があることでも知られており、タバコの臭いを消すような効果を期待されて利用されていることも知られています。さらに美白作用などもあるされており、様々な化粧品にも利用されています。

 

<茶エキスに含まれている成分例>
・カフェイン
・タンニン
・ビタミンC
・ビタミンE
・アミノ酸など

 

カフェインが含まれているわけですが、塗布タイプの育毛剤なので、覚醒効果があるわけではありません。寝る前にノエビア薬用ゴーモアを利用したとしても、不眠の症状が出てくるわけではありません。

 

<茶エキスがよく含まれている製品とは>
・石鹸
・入浴剤
・育毛剤
・乳液
・デオドラント剤
・美容液
・保湿系クリームなど

 

【アシタバエキスとは】
その名の通りにアシタバと呼ばれる植物から抽出されたエキスのことを指しています。アシタバは、青汁の原料として利用されていることでも有名です。ビタミンやミネラルといった成分が多く含まれており、健康度の高いものとして知られています。

 

血液をサラサラにしてくれたり、便秘を解消させてくれたりするような効果も期待できます。

 

強い抗菌作用があることでも知られています。ニキビ肌や脂性肌に陥っている方には、お肌を整えるために利用する、といったこともおすすめなのです。

 

ちなみに、青汁の原料にはケールがありますが苦味が強いことでも知られています。アシタバは飲みやすいので、最近ではケール原料のものよりもアシタバが原料のものの人気が高まっています。

 

 

 

ノエビア薬用ゴーモアの効果

ノエビア薬用ゴーモアには3つの効果がある、とされています。その3つは頭髪にとって非常に有用なものばかりです。
1つずつ確認していきましょう。

 

 

男性型脱毛症対策ができる

AGAの改善作用が期待される成分が含まれています。その成分とは「β-グリチルリチン酸」です。

 

男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質が多く体内で生み出されてしまうのが問題なのです。
ジヒドロテストステロンは、睾丸から分泌される男性ホルモンの「テストステロン」と体内にある酵素の「5αリダクターゼ」が結合することにより生み出されます。

 

β-グリチルリチン酸には、そのテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害する能力がある、とされているのです。

 

ただし、その機能はそれほど高くない、とされています。残念ながら、AGAに関しては薄毛の予防機能くらいの効果しか期待できません。

 

 

血行促進作用が期待できる

有効成分の「セファランチン」が関わっている機能です。ノエビア薬用ゴーモアの中心成分でもあるので、こちらの効果が最も期待できます。

 

セファランチンに関しては、末梢血管を拡張させる作用があります。頭皮の血管も基本的には末端にあるもので、非常に細いものです。血行不良になると血液が流れ込みにくくなってしまうのです。

 

さらに、ノエビア薬用ゴーモアには血行促進成分が他にも配合されています。「I-メントール」や「唐辛子チンキ」、さらには「オランダカラシエキス」です。それらの複合的な血行促進作用が得られることで、毛母細胞に栄養がたっぷりと血液から流れ込むようになるのです。

 

様々な原因で休眠していた毛母細胞が再び活性化すれば、たくましい髪の毛が生えてくる可能性も一気に高まります。

 

血行不良になってしまうと、女性でも薄毛になってしまいます。年齢が高くなると血圧が高くなってしまい、頭皮に血液が至りにくくなることもあります。高齢で薄毛になった方にも、ノエビア薬用ゴーモアは大きな役割を果たしてくれる可能性があることがわかりました。

 

 

頭皮環境改善効果あり

頭皮も顔のお肌と同じように、年齢を重ねるとどんどんと劣化してしまうものです。ターンオーバーも乱れてしまい、新しい皮膚になかなか入れ替わらないようになってしまいます。
そこで出番になってくるのが、ノエビア薬用ゴーモアに配合されている「酢酸DL-α-トコフェロール」です。

 

酢酸DL-α-トコフェロールには強い抗酸化作用があるので、活性酸素を除去できる機能を有しています。要は、頭皮のアンチエイジングが出来る成分なのです。

 

さらに頭皮の状況を悪化させてしまうのが乾燥です。頭皮が乾燥肌になっている方は、フケが出てしまったり、痒みが出てしまったり、といった状況になりやすいです。頭皮が傷つきやすくなり、炎症が起こっていることも珍しくありません。
そこで注目してほしいのが、ノエビア薬用ゴーモアに入っている「ユーカリエキス」と「オレンジフラー水」です。保湿機能があるとされており、乾燥に対処できるわけです。

 

頭皮の乱れにはアレルギーが関わっていることもあります。アレルギーが出ていると、頭皮が赤くなってしまうでしょう。有効成分の「セファランチン」には、抗アレルギー作用があります。アレルギー症状を抑制させる機能があるので、頭皮環境が大きく改善できる可能性もあるのです。

 

 

ノエビア薬用ゴーモアの価格

「ノエビア薬用ゴーモア(ゴーモア 薬用育毛剤)」と「ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤(女性用)」の価格と、1日あたりのコストパフォーマンスを記載します。

 

 

ノエビア薬用ゴーモア(ゴーモア 薬用育毛剤)の価格とコスパ

・価格・・・8,000円(税込み8,640円)(送料無料)
・1日あたりのコスパ(30日分として)・・・288円/日(税込価格より算出)

 

ノエビア薬用ゴーモア(ゴーモア 薬用育毛剤)は200ミリリットル入りなので、人によっては2ヶ月ほどもつ場合もありますが、こちらでは1ヶ月分としてコスパを算出しました。

 

数量1本から送料がかからないので、本体価格のみで購入可能です。

 

 

ゴーモア ビジェンヌ 薬用育毛剤(女性用)の価格とコスパ

・価格・・・5,000円(税込み5,400円)(送料無料)
・1日あたりのコスパ(30日分として)・・・180円/日(税込価格より算出)

 

5,000円台の商品ですが、こちらも送料無料での購入可能がです。コストパフォーマンスも1日あたりで200円を切っているので、比較的経済的な育毛剤、といえます。

 

30日分としてコスパを算出しましたが、人によっては1本で2ヶ月程度利用することも可能です。

 

 

ノエビア薬用ゴーモアよりおすすめな育毛剤チャップアップ

ここまで紹介してきたノエビア薬用ゴーモアですが、チャップアップよりもおすすめとはいえません。幾つかの点で、チャップアップに劣っているのです。
こちらではノエビア薬用ゴーモアとチャップアップにはどのような違いがあるのか、ということを明らかにします。

 

 

全額返金保証サービスの有無

・チャップアップ・・・全額返金保証サービスあり
・ノエビア薬用ゴーモア・・・全額返金保証サービスなし

 

実際に返金してもらえるからチャップアップが優れている、ということを言っているのではありません。要は、販売しているところが自分たちの育毛剤に自信を持っているのか、というところが問題なのです。

 

そもそも、全額返金保証サービスを実施しているところは自分たちの育毛剤に自信を持っているわけです。返金サービスを利用されることはない、と思っているからこそ、そんなサービスができるわけ。

 

実際に、チャップアップに関してはほとんど返金サービスを利用されていない、といった実績もあります。チャップアップの使用感満足度も公表されており、なんと「97%」を達成しています。

 

 

有効成分を比較してみよう

・チャップアップ・・・センブリエキス、ジフェンヒドラミンHC、グリチルリチン酸
・ノエビア薬用ゴーモア・・・セファランチン・酢酸DL-α-トコフェロール・β-グリチルレチン酸

 

どちらも素晴らしい成分が含まれていることは間違いありません。しかし、ノエビア薬用ゴーモアに関しては、少し成分の質が落ちている、と言っても過言ではありません。専門家から評価されていないのです。

 

一方で、チャップアップに関してはバランスの良く有効成分を配合しているので、頭髪の専門家からもお墨付きをもらっています。

 

日本臨床医学発毛協会会長の松山淳会長は、チャップアップに関して以下のような発言をしています。

 

「チャップアップは優秀な品質の育毛剤であることは間違いありません。」

 

彼は専門家でもあり立場もあるので、はっきりとした効果については触れられないのですが、チャップアップが高品質であることは認めざるをえない、というわけです。

 

 

価格を比較してみよう

【通常購入比較】
・チャップアップ・・・7,400円(税込み)(送料無料)
・ノエビア薬用ゴーモア・・・8,640円(税込み)(送料無料)

 

【セット購入比較】
・チャップアップ(2本)・・・13,800円(税込み)(1本あたり6,900円)
・ノエビア薬用ゴーモア・・・なし

 

【定期購入比較】
・チャップアップ(2本)・・・12,000円(税込み)(1本あたり6,000円)
・ノエビア薬用ゴーモア・・・なし

 

育毛剤は1ヶ月利用して終わりではありません。仮に効果が出たとしても、維持させるためには育毛剤を使い続けなければなりません。

 

仮に、ノエビア薬用ゴーモアを1ヶ月あたり1本利用したとして1年間使うと、費用は10万3,680円(税込み)となります。
一方で、チャップアップも1ヶ月あたり1本利用。そのかわり定期購入を活用したとすると、1年間で7万2,000円(税込み)になります。

 

1年間で3万1,680円もの差が生まれてしまうのです。10年間で31万6,800円の差になってしまいます。

 

長期的な利用を考えたら、チャップアップのほうが圧倒的に「おトク」となるわけです。

 

人気No1

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加