ミノキシジルについて

男性ホルモンを抑えるAGA治療薬フィナステリド(プロペシア)と合わせて治療すると発毛効果の高いミノキシジル。

 

日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでも、プロペシアと合わせてAGA対策に一番高いAランクの評価を得ています。

 

ミノキシジルは医薬品ですが、お医者さんの処方箋がなくても薬局で薬剤師による注意点の説明を受ければミノキシジル配合の男性用育毛剤リアップX5を購入できます。(女性用はミノキシジル1%のリアップジェンヌ)

 

この記事では、リアップにも配合されている医薬品ミノキシジルの発毛作用やどんな薬なのか、副作用はないのか?など徹底解説していきたいと思います。

 

ミノキシジルはもともとは男性型脱毛症治療用ではなく降圧剤(血圧を下げる薬)として使われていました。

 

ただ、フィナステリドのように、個人差はあるもののミノキシジルにも患者の髪が生える副作用が見られたため育毛用にミノキシジルを商品化しました。

 

なぜミノキシジルが薄毛治療や自毛成長、発毛に効果があるのかというと、血行の悪い固くなったM字ハゲやつむじハゲの頭皮にミノキシジルを塗ることで、血管が拡張され血流が改善されます。

 

つまり、頭皮のM字部分などの毛細血管が広がり血液が流れやすくなるのでその分、髪の毛を作る毛包(毛球)内にある毛乳頭細胞、毛母細胞にも血液(栄養)が流れやすくなり細胞分裂を活性化させるというわけです。

 

日本国内ではミノキシジル入りの外用薬はリアップx5(ミノキシジル5パーセント含有)のみになります。

 

初めは、ミノキシジル入りの外用薬(塗り薬)リアップは配合量1パーセントだったのが、今ではミノキシジルの含有量が高いほど発毛効果があることがわかったので5パーセントまで発売されています。

 

ミノキシジルを塗り始めてから1〜2か月ほどで初期脱毛といわれ抜け毛が増えることもありますが、休止期だった毛髪が成長期に変わる過程で抜け毛が増えるだけなので特に問題はないようです。

 

ミノキシジルを使用すると発生する可能性の高い初期脱毛に関しては、以下の頁に詳しくまとめてあるのでご覧ください。

 

育毛剤で抜け毛が増えた場合の初期脱毛と通常の抜け毛の見極め方と対処法

 

 

ミノキシジル配合の発毛剤リアップ

発毛医薬品ミノキシジルが配合された育毛剤は日本では大正製薬のリアップX5プラスのみです。

 

リアップX5プラスには発毛成分ミノキシジルが5%配合されていて、発毛効果データも出ている一番濃度の高い製品です。

 

リアップX5プラスは第一類医薬品として認可されて、危険性もあるため購入の際は薬剤師の説明を受ける対面販売が義務付けられています。

 

リアップX5プラスの公式サイトを見る

 

外用剤リアップX5プラスの詳しい副作用まとめや壮年性脱毛症への効果、使用方法、医薬部外品の育毛剤とどっちがいいのかを比較し徹底調査した結果は以下のページにまとめてあるので参考にご覧ください。

 

リアップX5プラスの口コミと効果

 

 

リアップ以外のミノキシジル発毛剤

上述したとおり日本では、ミノキシジル発毛剤はリアップx5プラスしか販売されていません。

 

ただし、海外にはロゲインや発毛剤ポラリスNRなどミノキシジルが配合された発毛剤が多く販売されています。

 

しかし、これらの商品は日本では未認可のため購入することができません。

 

そこで、よりミノキシジル濃度が高く価格の安いジェネリック医薬品などの海外製品を手に入れるために個人輸入する人も多いんです。

 

個人輸入で医薬品を購入することはいろんなトラブルも発生しているため、安全性を考慮しこのサイトではおすすめしていません。

 

海外製品の情報や、個人輸入に関して詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

育毛剤ポラリスの効果と副作用
個人輸入代行サイトで購入する場合のメリットとデメリット

 

 

飲む発毛剤ミノキシジルタブレット

フィナステリド同様、ミノキシジルはお医者さんに処方してもらう場合は保険が効きません。

 

有効成分ミノキシジルの塗り薬以外にもミノキシジルタブレットという飲み薬のタイプもありミノタブとも言われています。

 

ミノタブはかなり発毛効果が高いとネットなどでも評判がいいが、日本では認可されていないため、現在はAGAスキンクリニックや銀座クリニックなどAGAクリニックの医師の責任のもとで処方されます。

 

ただ、ミノキシジルタブレットは海外では内服薬(飲み薬)として認可されているので、個人輸入もできますが、ミノキシジルのそもそもの用途が血圧を下げるための薬なので、お医者さんの管理なしで正常な血圧の人がむやみにミノキシジルタブレットを服用するのは危険で注意が必要です。

 

インターネットなんかで調べてみても、ミノタブを個人輸入で飲んでいる人を見かけますが、低血圧になったり副作用が怖いので管理人的には薄毛対策の方法としてはおすすめしません。

 

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルを使っていて一番多い副作用が、ミノキシジルの刺激性が原因による頭皮のかゆみや湿疹です。

 

頭痛やむくみなどいろんな症状が出ることがありますが、ミノキシジルの使用を中止すれば収まります。

 

治療効果こそ高いものの副作用が強い治療法はどうしてもおすすめできないというのがミノキシジルについての本音ですね。

 

ミノキシジルの副作用については以下のページで徹底検証し詳しく解説しています。

 

育毛剤に含まれる「ミノキシジル」にはどのような副作用があるのか?

 

 

医薬品の発毛剤ミノキシジルと医薬部外品の育毛剤は併用できるのか

薬事法の区分で言う医薬品のミノキシジル含有発毛剤リアップX5プラスと通販等で購入できる医薬部外品の育毛剤は、併用することは可能です。

 

ただし、夜の就寝前などの同じタイミングでミノキシジルの発毛剤リアップX5プラスと医薬部外品の育毛剤を併用することは、両者の育毛効果を弱めてしまったり、予期せぬ副作用が起こることがあるのでオススメできません。

 

夜の就寝前は発毛剤リアップX5プラスを使用し、朝は医薬部外品の育毛剤を使用するなど、分けて併用すればお互いの効果を損ねることなく併用できるでしょう。

 

以下のページで人気の医薬部外品の育毛剤とミノキシジル配合の発毛剤リアップX5プラスの併用について詳しく解説しています。

 

イクオスとミノキシジル(リアップx5)は併用できるのか

 

薬用ポリピュアEXとミノキシジルの効果比較 併用は可能か?

 

 

ミノキシジル配合の発毛剤リアップX5プラスと医薬部外品の育毛剤を比較

ミノキシジル配合の発毛剤リアップX5プラスと医薬部外品の育毛剤はどっちの方がオススメできるのか、育毛成分、発毛促進効果、副作用、価格などの観点から徹底的に比較しました。

 

リアップX5プラスと医薬部外品の人気の育毛剤はどっちがオススメなのかがわかります。

 

ナノインパクト100とリアップx5プラスの比較

 

リアップX5プラスとカロヤンガッシュを比較

 

 

関連記事

フィナステリドの効果と副作用
プロペシアの購入方法
プロペシアの価格
AGAクリニックの口コミ
男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加