イクオスとブブカ(bubka)を比較した結果イクオスがおすすめ

若ハゲに悩む30歳男性が、人気の育毛剤イクオス(iqos)と濃密育毛剤ブブカ(bubka)を効果の違いや、価格はどっちがお得なのか等、様々な視点から徹底比較しました。

 

イクオスとブブカを比較した結果、イクオスの方がおすすめできるという事がわかりました。

 

この記事では、イクオスとブブカを比較した以下の違いがわかります。

 

・価格:イクオスの勝利
・成分:イクオスの勝利
・浸透力:引き分け
・返金保証:イクオスの勝利
・副作用:引き分け
・育毛サプリ:引き分け
・使用感:イクオスの勝利

 

イクオスとブブカのどっちがおすすめなのか悩んでいる人の育毛剤選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

 

目次

 

イクオスの方が値段が安くてお得

イクオスとブブカの購入価格で比較すると、イクオスの方がお得だということがわかりました

 

イクオスの価格

単品購入:10880円+送料630円=11510円 (1日当たり約384円)
サプリ付き定期購入:8980円(送料無料)1日当たり約299円(サプリ30錠で毎日1錠服用計算)

 

ブブカの価格

単品購入: 12960円(1日当たり約412円)
サプリ付き定期購入:11664円(送料料無料・初回購入時のみ5980円+育毛シャンプーつき)初回約200円(サプリ186錠で毎日6錠、1か月服用計算) 2回目以降 約389円

 

以下でイクオスとブブカの単品購入の価格や、定期コースの価格を詳しく比較していきます。

 

イクオスの購入手段と価格の比較

イクオスは購入方法が育毛剤単体、定期購買、3本セットの3種類です。

 

イクオスは、おこずかい制の方には定期便、ボーナスなどまとまったお金が入った場合などは、まとめて3本セットなど自身の経済状況にあわせて幅広く選ぶことが出来るようになっています。

 

しかし、何より注目したいのはイクオスの定期コースに付いてくる特典です。

 

イクオスの単品注文だと毎回送料630円がかかりますが、定期コースだと送料が無料で、さらに育毛サプリメントが毎月ついてくるのです。

 

イクオス定期コースは1回のみでの利用も可能なので、いつでもお届けの周期変更や解約が出来るので、お試しでイクオスを使ってみたいという場合でも、最安値の定期コースから購入できるメリットがあります。

 

イクオス定期コースの特典やサービスは、育毛剤を使ってみたいけど、値段が高いと感じ今まで購入に踏みきれなかった方には大変ありがたい制度となっています。

 

ちなみにイクオスの3本セットも送料無料で、育毛サプリメントも付いてくるようになっていますが、1日あたりの金額でいえばイクオス3本セットよりも定期コースを購入したほうがお得となっています。

 

そのため、ブブカとイクオスで最もお得なコースで購入したい人は、イクオスの育毛サプリ付きの定期コースということになります。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤イクオスの1本あたりの使用期間

イクオス1本の内容量が120mlで、一日2回頭皮全体に使用していくと約1か月で使いきることが出来ます。

 

一日あたりの価格に計算しても299円と安く、イクオスの内容と育毛効果を考えるとかなり太っ腹の価格と言えるでしょう。

 

ブブカの購入手段と価格の比較

ブブカは送料が商品合計5000円以上で無料になりますので、ほぼすべての購入手段で送料がかかることはありません。

 

そしてブブカの定期コースに関してはお届けの日付などの内容変更や、解約が商品お届け10日前までであればいつでも出来ます。

 

そしてブブカ定期コースだとかならず、育毛サプリもセットになるため、ブブカの単品注文よりも定期購入価格の方がお得となっています。

 

しかも今なら期間限定で初回購入特典としてブブカ育毛シャンプーもセットのオマケつきです。

 

ただ、いろいろ調べていてわかったのですが、ブブカは他の育毛剤と違い、まとめ買いの上限がすごいことになっています。
その数、なんと最大100本!

 

ブブカ100本分の値段も約100万円と育毛剤の購入金額としては桁違いですね…。

 

正直、育毛剤をここまでの個数で一括購入する方はいない気がするのですが、これはブブカのメーカーが育毛剤に対しての自信の表れと捉えていいのかもしれませんね。

 

▲目次に戻る

 

ブブカ1本あたりの使用期間

ブブカの1本当たりの容量が120mlですので、量も使用方法もイクオスと同じです。

 

ブブカの育毛サプリと併用することを考慮するとブブカの定期コースが一番お得となっており、使用量から計算して一日あたりの金額は389円ですが、1日の使用金額が299円のイクオスよりは若干高めの金額になります。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤イクオスとブブカの値段比較検証結果

育毛剤は短期間で結果が出るものではないのでどうしても継続使用が前提になります。

 

そのため、どうしても出費がかさんでしまうので育毛剤の価格は出来るだけ安く抑えたいものです。

 

それを考慮しイクオスとブブカの2つの育毛剤の価格を比較すると、両者とも初回購入時は普段の値段の半額で購入することが出来るので、一度お試しで購入したい方には手頃な価格で始めることが可能なため、購入者の経済面を考慮したイクオスとブブカの取り組みはかなりの高評価です。

 

その上で、金額的にはイクオスのほうが最低コストは安くなります

 

ブブカはどうしても、購入金額が初回を除き2回目からは通常価格となり1万円以上になってしまうため、どうしても高く感じてしまいます。

 

イクオスとブブカのどちらも育毛サプリが付属していることを考えると、定期コースの1日あたりの値段が299円と安いイクオス(1か月の定期コースは8980円)に軍配があがります。

 

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスの方が成分数が多い

イクオスとブブカの成分数を比較すると、以下のような結果となりイクオスの方が多い結果となりました。

 

・イクオス全61種類
・ブブカ全46種類

 

単純に、配合されている育毛成分が多い方が、それだけいろいろな薄毛の原因にアプローチできるため、薄毛への効果に優れていると言えます。

 

イクオスとブブカはどちらも元は天真堂が製造していた育毛剤ですが、今ではイクオスもブブカも独自のリニューアルを遂げ完全に異なる育毛剤へと進化しました。

 

そこで、イクオスとブブカのそれぞれの成分はどちらが優れているかを以下で詳しく比較していきます。

 

イクオスの育毛成分一覧

イクオスはブブカよりも多い全61種類の育毛成分が配合されています。

 

イクオスの育毛成分の内訳には大きく、以下の目的別に分かれています。

 

・育毛有効成分
・毛包活性成分
・育毛効果+頭皮ケアの天然由来植物成分
・細胞活性アミノ酸成分

 

これらの多種多様な育毛成分をイクオスに配合することで、様々な角度から育毛に必要な頭皮環境改善と育毛にアプローチすることが出来るのです。

 

特にイクオスに含まれている天然成分ミツイシコンブ由来エキス(海藻エキスM-034)は、AGA治療薬として有名なミノキシジルと同等の毛の再生率が実験データから証明されており、M-034は天然由来の成分なので副作用の心配がなく大変優れた育毛成分となっております。

 

▲目次に戻る

 

イクオスの注目育毛成分

イクオスの目玉となる独自成分には、ミツイシコンブ由来エキス(M-034)とペルベチアカナリクラタエキスを合わせた新成分アルガス-2が配合されています。

 

ミツイシコンブ由来エキス(M-034)とはコンブ、ワカメ(1部位であるメカブを含む)、モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれる成分で、これらの褐藻エキスから抽出した育毛成分です。

 

M-034の成分には大きく4つの育毛効果が期待出来きます。

 

・毛髪の支持作用と毛自体を成長させる働きを持つ「外毛根鞘」の増殖を促進

 

・成長維持因子グロスファクターの生成。血管新生を促進し育毛をもたらす血管内皮増殖因子(VEGF)。毛の退行をブレーキする退行期誘導因子(FGF5S)の抑制因子を生成

 

・毛母細胞を活性化させ、育毛に必要な栄養を頭皮に行き届かせる

 

・ヒアルロン酸と同等の高い保湿力を有し、痛みがちな頭皮を優しく潤す

 

これらM-034の4つの育毛効果は育毛には欠かせない重要な働きであり、ミノキシジルに匹敵する育毛パワーとして注目されている成分です。

 

比較結果だけ気になる人は、イクオスとブブカの育毛成分比較結果を読んでみてください。

 

▲目次に戻る

 

イクオスの育毛有効成分3種類

イクオスには厚生労働省によって育毛効果を認められている3つの有効成分が配合されています。

 

センブリエキス

センブリエキスには毛母細胞の細胞分裂を促進する育毛効果が期待されています。

 

髪の毛を作っている毛母細胞の働きを活性化すれば、それに比例して髪の毛の生産活動も増えることになるためです。

 

さらにセンブリエキスには頭皮の保湿作用もあり髪の成長には欠かせない育毛成分なのです。

 

グリチルリチン酸

頭皮のトラブルの一つに、頭皮の皮脂の過剰分泌で毛穴が皮脂で詰まり酸化すると毛穴や頭皮に炎症が起きることがあります。

 

育毛促進のためにはこの頭皮トラブルを防ぐ必要がありますがグリチルリチン酸にはこれを防止する育毛効果があります。

 

ジフェンヒドラミンHCI

ジフェンヒドラミンHCIには頭皮の血行促進や抗炎症効果などの効能がある育毛成分です。

 

頭皮の湿疹、蕁麻疹、皮膚の炎症、痒みを抑える効果があり育毛や頭皮環境を整えるためにも不可欠な育毛成分です。

 

比較結果だけ気になる人は、イクオスとブブカの育毛成分比較結果を読んでみてください。

 

▲目次に戻る

 

イクオスの男性ホルモン抑制効果

イクオスには男性ホルモンを抑制させる効果のある成分としてオウゴンエキス、ヒオウギ抽出液が配合されています。

 

イクオスの頭皮環境改善効果

イクオスには頭皮環境を改善させるための成分として、ビワ葉エキス、アルニカエキス、サクラ葉抽出液、セイヨウキズタエキス、ローマカミツレエキス、オドリコソウエキス、ニンニクエキスが配合されています。

 

イクオスの頭皮の血行促進効果

イクオスには頭皮の血行促進成分として、ヒキオコシエキス、ニンジンエキス、シナノキエキス、ボタンエキス、クロレラエキス、オランダカラシエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ゴボウエキスが配合されています。

 

イクオスの細胞活性効果のあるアミノ酸成分

イクオスには毛母細胞を活性化させるアミノ酸成分が、アラニン、プロリン、トレオニン、セリン、アルギニン、グリシン、PCA-Na、ベタイン、リジン、グルタミン酸が配合されています。

 

イクオスのその他の成分

イクオスには防腐剤等の目的で、D-パントテニルアルコール、フェノキシエタノール、POE硬化ヒマシ油、ラウリルジメチルアミンオキシド液、無水エタノール、BG、トリメチルグリシン/ソルビトール液、濃グリセリンが配合されています。

 

イクオスに配合されている全成分とその効果は以下のページで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

イクオスの成分

 

比較結果だけ気になる人は、イクオスとブブカの育毛成分比較結果を読んでみてください。

 

▲目次に戻る

 

ブブカの育毛成分一覧

ブブカは計46種類もの育毛に効果的といわれる有効成分が配合されております。

 

イクオスの配合成分数が61種類なのに対して、ブブカは46種類なのでイクオスよりも配合数が少ないことになります。

 

ただし、以下のブブカの「コラーゲン配合などの頭皮弾力アップにアプローチする4種類の成分」以外は、ほとんどイクオスと育毛成分が共通しています。

 

▲目次に戻る

 

ブブカの頭皮弾力アップにアプローチする4種類成分

ブブカには頭皮環境の改善につながり育毛剤の浸透力アップの効果も狙える頭皮弾力をアップさせるための成分が、シャクヤエキス、ダイズエキス、マロニエキス、アシタバエキスの4つ配合されています。

 

ブブカの全成分とその効果については、以下のページで詳しく解説してあるので参考にしてください。

 

ブブカの成分と効果

 

▲目次に戻る

 

イクオスとブブカの育毛成分比較結果

イクオスとブブカ2つの育毛剤の育毛成分は配合成分の種類がイクオスのほうが多いため、育毛成分数だけでみればイクオスの方がブブカよりも優れていると言えます。

 

しかし、イクオスとブブカには、育毛に重要な成分(オウゴンエキス、センブリエキス、Mー034など)はほぼ共通しているのが上記の内容を見てれば理解して頂けるかと思います。

 

これは多種多様な育毛成分配合を行うことで、頭皮環境改善による育毛環境を整える効果、血流改善、男性ホルモン抑制などに効果的であり、イクオスとブブカの成分数に若干の違いはありますが、どちらも様々な頭皮状況にもしっかりと育毛アプローチすることが出来るということです。

 

そして、どちらにもミノキシジルに匹敵する効果と言われているMー034を配合していることから、ブブカの方が配合濃度が高いとはいえ育毛剤としては同じコンセプトで作られていることがわかります。

 

以上のことからイクオスとブブカ両者は若干の違いはありますが、同じ汎用育毛剤タイプであるため正直優劣はつけがたいです。

 

ただ育毛成分数だけで判断するのであれば、イクオスのほうに軍配があがるでしょう。

 

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとブブカの頭皮への浸透力は互角

育毛剤イクオスとブブカの頭皮への浸透力ついて比較検証した結果、どちらも浸透力は高く引き分けという結果になりました

 

育毛剤ではどんなに重要な育毛成分が配合されていようとも、毛穴の奥まで浸透していなければ、せっかくの育毛効果も充分に発揮出来ず、宝の持ち腐れになってしまいます。

 

イクオスとブブカの両者は、公式サイトにあるように低分子ナノ水という技術が使用されていると記載がありました。

 

低分子ナノ水とは、配合されている育毛成分をナノ化することで、直接毛包や毛乳頭に浸透させることを可能にしており、毛根の奥まで有効成分をしっかりと浸透させることで育毛効果を早く実感することが出来るようです。

 

さらに、イクオスにもブブカにも頭皮を柔軟化する成分を配合することで、より有効成分が浸透しやすい頭皮環境にすることで、従来の育毛剤よりも浸透力をアップさせる試みを行っております。

 

以上の情報を踏まえると、イクオスとブブカ2つの育毛剤は同じ低分子技術の使用と頭皮環境の改善も同等の効果が期待できるため優劣は付けがたく、同等の評価と言えるでしょう。

 

やはり育毛成分から見てもイクオスとブブカ両者の育毛剤はほぼ同じタイプと言っても良いと思われます。

 

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとブブカの返金保証期間の違いを比較

イクオスとブブカの返金保証制度で比較すると、以下の結果からイクオスの方が優れているということがわかりました。

 

イクオスの返金保証期間:45日以内
ブブカの返金保証期間:30日以内

 

イクオスの返金保証期間は、初回購入限定で1回限り、商品注文後45日以内に事前連絡をすることで利用できます。 

 

ブブカの返金保証期間は、定期コース初回購入1個分のみで、ブブカの商品到着後30日以内に事前連絡することで利用できます。

 

イクオスとブブカ2つの返金保証期間の違いですが、イクオスは注文後から45日以内であれば全額返金できるのに対して、ブブカは商品到着後から30日以内の全額返金保証と若干条件が違います。

 

これだけ見るとイクオスのほうは注文してから保障期間がカウントされますが、45日と期間が長いため注文後からでも1週間以内には届きます。

 

なので、イクオスの商品到着後から保障期間が開始されても、ブブカよりも1週間以上も返金保証期間に余裕がある計算となります。

 

また、イクオスの返金対象は初回購入限定の1回限りしか条件はなくブブカも一見同じように思えますが、実はブブカの返金対象は定期コースのみとなっているのです。

 

つまり、ブブカ単品注文では全額返金制度の対象外になってしまいますのでそのあたりは要注意です。

 

以上の状況から判断するのであれば、全額返金保証制度に関しては、ブブカよりもイクオスのほうが優れていると言えます。

 

ただ、イクオスとブブカのどちらもきちんと全額返金保障制度がありますので、個人的にはイクオスのほうが優れているとは思いますが、そこまで神経質になるほど差はないでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとブブカの頭皮への刺激と副作用の違いはどちらもなし

イクオスとブブカの頭皮への刺激と副作用について比較検証した結果、どちらも安全なため引き分けとなりました。

 

そのため、副作用が少ない方を使いたいという人は、イクオス、ブブカのどちらも安心して使えます。

 

イクオスは配合されている素材にこだわっており、防腐剤は入っておらず、無着色、無香料と安全面では徹底してこだわっている無添加育毛剤であることが紹介されています。

 

そして、イクオスの製造過程にも徹底した品質管理を実現させるため生産コストが安い海外で行うのではなく、一般的にコストが高いと言われる国内工場での生産を実施し、衛生面での配慮も充分にされており、安全性は非常に高いと思われます。

 

そして、私がイクオスを使った実体験から、いざ使用した際にはまるで水をつけてるのではないか思うくらいに、頭皮に一切刺激はありませんでした。

 

ブブカも無香料、無添加、無着色であり、鉱物油、パラベン、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、合成ポリマー、タール系色素、動物性原料、酸化防止剤も使用しておりません。

 

ノンアルコール製法により、頭皮に悪影響を与える成分は使用しないよう配慮しノンアルコール育毛剤に改良されているのがわかります。

 

イクオスとブブカの2つの男女兼用育毛剤とも、育毛に必要な成分以外で成分表を見てもわかりますが、発毛効果のある発毛剤のように人体にあきらかな悪影響が考えられるものは、使用されていないので、副作用に関しては実体験からも特に感じることはありませんでした。

 

そのため、イクオスとブブカの両者の育毛剤は副作用がない優れたものと断言できます。

 

そして、イクオスとブブカの使用時の頭皮への刺激も両者とも水をつけているのでは?と思うくらい一切刺激がありませんでした。

 

以上のことからイクオス、ブブカともに副作用、頭皮への刺激はなく引き分けといったところでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとブブカの育毛サプリの比較結果は互角

イクオスは育毛剤に育毛サプリとセットで使用するのがメジャーですが、ブブカも同様で育毛サプリを一緒に使用することが想定されています。

 

両者を比較した結果、どちらも質の高い育毛サプリメントだということがわかり引き分けとなりました。

 

では早速イクオスサプリと、ブブカサプリの育毛成分内容を紹介し比較していきたいと思います。

 

イクオスサプリの成分と効果

イクオスサプリEXには、市販育毛剤の販売メーカーの育毛サプリでもかなり多い30種類以上もの育毛成分が濃縮配合されています。

 

育毛剤イクオスを使ってヘアサイクルを改善したあとも、イクオスサプリEXで身体の内側から必要な栄養素を補い、髪の成長を助けることが必要になります。

 

そのため、育毛剤イクオスと併用することで、外部と内部の両方から育毛をサポートすることが可能となります。

 

特にイクオスサプリに含まれるノコギリヤシエキスに関していえば、5αリダクターゼ抑制効果により抜け毛防止作用は絶大です。

 

ノコギリヤシエキスはAGA治療薬であるプロペシアと同等の作用が期待できます。

 

イクオスの育毛剤単品でも、61種類もの育毛成分配合なのに、35種類配合の育毛サプリも併用することで大幅に育毛効果の底上げが可能になります。

 

イクオスサプリとブブカサプリの男性ホルモンの抑制に効果的なノコギリヤシと亜鉛の成分量を比較してみると以下のようになりました。

 

ノコギリヤシはイクオスサプリが300mgでブブカサプリが135mg、亜鉛がイクオスサプリとブブカサプリが同じ配合量で12mgです。

 

AGAの原因である男性ホルモン抑制効果でもイクオスサプリの方が若干効果的だということがわかります。

 

さらに育毛サプリもイクオスの育毛剤同様、製造は日本国内で衛生管理が徹底された工場で作られた国内産の育毛サプリのため、安全面では心配無用となっております。

 

これがイクオスの育毛剤定期コースか3本セットだと無料で使用できるとあれば、どれだけお得かもうご理解して頂けたかと思います。

 

▲目次に戻る

 

ブブカサプリの成分と効果

ブブカも育毛サプリの内容が育毛有効成分35種類と優れたもので、ノコギリヤシエキスや亜鉛酵母、ビタミンなどイクオスとも半分以上共通した成分内容にとなっております。

 

ブブカサプリも製造品質には厳しく、医薬品や食品サプリメントなどを適正に製造するために企業が行うべきことを、厚生労働省が定めたGMP基準を満たしている商品となっており製造は国内の健康補助食品GMP工場にて製造されております。

 

上記内容から、イクオスとブブカの育毛サプリメント両者は国内でしっかりと品質管理されている製品であり安全面が保障されております。

 

そして、育毛剤の効果を底上げできるよう、30種類以上の有効成分の配合から、内容に若干違いはあっても期待できる育毛効果は2つとも育毛剤と一緒で同等といったところでしょう。

 

ただ、育毛剤はイクオスとブブカ2つとも内容がほぼ同じでしたが、育毛サプリはブブカのほうが血行促進作用が多い結果となりました。

 

それを踏まえても、イクオスとブブカお互いの育毛サプリが優れていることに変わりないため個人的には、優劣は付けがたいので引き分けかと思われます。

 

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスの方が使用感が良い

育毛剤は毎日継続して結果が出るまで長期間使用しなくてはいけません。

 

なので、できるだけ使い勝手のいい育毛剤の方が面倒くさくならずに続けやすいと思います。

 

そこで、イクオスとブブカの2つの育毛剤本体の使用感はどうなのか、違いはあるか比較検証してみた結果、イクオスの方が若干使いやすいということがわかりました

 

育毛剤の形状には大きくわけて、スプレータイプ、ノズルタイプがあります。

 

この他にも、スポイトタイプなど珍しい育毛剤もありますがイクオス、ブブカはどちらもピンポイントノズルタイプとなっており、ノズル部分を直接頭皮に近づけ使用する方法です。

 

ピンポイントノズルタイプは、M字部分や頭頂部の薄毛などに使用する際はピンポイントで塗布することが可能なため、髪の毛にも液がつきにくいといったメリットがあります。

 

しかし、一回の使用量の調整が難しく、ノズルから出しすぎて液垂れしてしまうことも多くみられます。

 

イクオスは2016年のリニューアルによりジェットスプレータイプに変更になりました。

 

ジェットスプレータイプの育毛剤は、付け口を頭皮に直接触れないで済むため衛生的で、薄毛が気になる部分にピンポイントで塗布できるメリットがあります。

 

いままで全てのタイプの育毛剤の付け口を体験してきましたが、イクオスのようなジェットスプレータイプの育毛剤は一番使いやすく初めての人でもおすすめできます。

 

イクオスがジェットスプレータイプ、ブブカがノズルタイプで、両者の育毛剤の使用感はイクオスに軍配が上がりました。

 

さらにボトルの形状がイクオスは円形で、ブブカが楕円形なので、個人的にはイクオスのほうが握りやすく感じました。

 

やはり、ノズルタイプの育毛剤は一回量の調整が難しく感じるので、個人的にはイクオスのようなスプレータイプの育毛剤ほうが好きなのですが、ノズルタイプのブブカの方もものすごく使いづらいということではないので、これは人によって好みが分かれると思います。

 

イクオスとブブカの比較はここまでですが、以下の記事で育毛剤業界でも人気ナンバーワンの育毛剤チャップアップとイクオスとブブカの3つの育毛剤の中でどれが一番おすすめなのか比較しました。

 

チャップアップ、イクオス、ブブカを比較

 

この育毛サイト内の一番おすすめの育毛剤は以下の記事をご覧ください。

 

育毛剤ランキング

 

人気育毛剤メーカーの商品、ポリピュアEXやプランテル、キャピキシル育毛剤などの育毛剤同士が薄毛対策での効果を比較した記事は以下をご覧ください。

 

育毛剤の比較

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

チャップアップとイクオスの育毛剤を比較
ブブカとプランテルを比較
イクオスとナノインパクトプラスを比較
イクオスとポリピュアEXを比較
イクオスとフィンジアを比較
チャップアップ、イクオス、ブブカを比較
イクオスとマイナチュレを比較
ブブカとチャップアップを比較

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性用育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加