チャップアップとプランテルを比較

若ハゲに悩む30歳男性が今までに試した育毛剤の実体験をもとに、様々な視点から比較し検証した結果をお伝えしていきますので同じ悩みを持つ方に参考にして頂けば幸いです。

 

今回ピックアップしたのは口コミで人気の育毛剤チャップアップとM字専用育毛剤薬用プランテルです。
では早速、各項目でチャップアップと薬用プランテルの比較結果をご紹介していきたいと思います。

 

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫

 

プランテル

 

目次

 

チャップアップと薬用プランテルの値段比較!1か月、1日でのコストは?得するのはどっち!?

 

チャップアップ購入手段と価格の比較
チャップアップ価格 1か月での価格 1日あたりの価格(容量120mlで1か月30日計算)
育毛剤単品注文 7400円+送料660円=8060円 約268円
サプリ単品注文 5960円+送料660円=6620円 約220円(サプリ120錠で毎日4錠服用計算)
育毛剤+育毛サプリセット定期購入 9090円(56%off+送料無料 原価20760円) 約303円(サプリ120錠で毎日4錠服用計算)
育毛剤2本セット定期便 12000円(送料無料 原価29600円) 約200円
サプリ定期便 4980円+送料660円=5640円(原価5980円) 約188円(サプリ120錠で毎日4錠服用計算)
超即定期便(育毛剤2本+サプリ) 13840円(送料無料 原価35560円) 約230円(サプリ120錠で毎日2錠服用計算)

 

チャップアップは育毛剤の購入方法が単品から定期便、2本まとめてなど自身の経済状況にあわせて幅広く選ぶことが出来ます。
しかし、何より注目したいのはチャップアップの育毛剤定期便の特典です。
育毛剤チャップアップを単品注文だと毎回送料660円がかかりますが、定期便は無料で、さらに5960円の育毛サプリが無料でついてくるのです。
さらにチャップアップの定期便は1回から利用でき、いつでも内容変更や解約が出来るので、お試しで使いたい場合でも、最安値からスタートできるメリットがあります。

 

上記内容を見て頂くとわかりますが、チャップアップの単品注文で込々8060円ですが定期便だと9090円で育毛サプリ付き。
これって実質1030円でチャップアップの育毛サプリが買えちゃう計算になります。
正直かなりお得ですよね。

 

《チャップアップ1本あたりの使用期間》
チャップアップ1本の容量が120mlで、一日一回30プッシュ頭皮全体に使用していくと約1か月で使いきることが出来ます。
一日あたりの価格に計算しても303円と安く、内容と育毛効果を考えるとチャップアップはかなり太っ腹と言えるでしょう。

 

 

薬用プランテル購入手段と価格の比較
薬用プランテル価格 50日での価格 1日あたりの価格(容量150mlで50日使用計算)
育毛剤単品注文 8200円+送料640円=8640円 約179円
サプリ単品注文 8700円(送料・手数料無料) 約290円(サプリ90錠で毎日3錠服用1か月30日計算)
育毛剤定期便 6980円(送料・手数料無料、2800円相当の毛活サプリ付き) 約140円
サプリ定期便 6700円(送料・手数料無料) 約223円(サプリ90錠で毎日3錠服用1か月30日計算)
育毛剤+シャンプー定期便 9980円(送料・手数料無料、2800円相当の毛活サプリ付き) 約200円
育毛剤+サプリ2本定期便 16800円(送料・手数料無料) 約336円(サプリ90錠×2個で毎日3錠服用1か月30日計算*育毛剤は50日なので10日分あまります)
育毛剤3本セット 22350円(送料・手数料無料) 約149円
サプリ3個セット 21800円(送料・手数料無料) 約242円(サプリ90錠×3個で毎日3錠服用1か月30日計算)

 

薬用プランテルはチャップアップ同様定期便の送料は無料で一回の利用からいつでも内容変更や解約が出来ます。
そして、私が薬用プランテルを使っていたころはなかったのですが、最近は定期便を利用すると、限定非売品で2800円相当の毛活サプリがついてくるみたいです。
ただし、この毛活サプリは薬用プランテルの公式ホームページでも今だけのプレゼントと記載されているのでいつまで続くサービスかはわかりかねます。

 

ただ、それとは別にプランテルサプリという薬用プランテルとの併用を想定した育毛サプリも販売されておりますが、6700円とチャップアップより1720円高めの価格設定になっています。
また、薬用プランテル育毛剤+育毛サプリ2本セットの販売もあり、育毛サプリ1本あたりの値段はどのくらいになるか計算してみましたが、16800円‐6980円(育毛剤定期便)=9820円(サプリ2個の価格)÷2=4910円(サプリ1個価格)になり育毛サプリを定期便で買うよりも若干安くなります。
しかし、それでもチャップアップの育毛サプリは実質1030円相当で付いてくるのを考えると、薬用プランテルはだいぶ高く感じてしまいますね。

 

 

《薬用プランテルの1本あたりの使用期間》 
薬用プランテル1本の容量が150mlですが1本の使用期間が50日を想定されているため、一日あたりの価格ですと単品注文の定期便で140円とかなり安いです。
だいたい缶コーヒー1本分の価格なので、お得と言えます。

 

 

チャップアップと薬用プランテル価格比較結果

育毛剤は短期間で育毛の結果が出るものではないのでどうしても継続使用が前提になります。

 

そのため、どうしても出費がかさんでしまうので育毛剤の価格は出来るだけ安く抑えたいものです。

 

それを考慮しチャップアップと薬用プランテル二つの育毛剤の価格を比較すると1本あたりの容量と使用期間では薬用プランテルのほうが価格は安いです。

 

しかし、薬用プランテルの定期便についてくる育毛サプリに関してはあくまでオマケという限定的なものであり今後も無料でつく保障はありません。

 

また、薬用プランテルの育毛サプリ単品での購入や定期便のセットコースでもチャップアップより5倍弱高い価格になってしまいますので、コストパフォーマンスはチャップアップのほうが良いと言えるでしょう。

 

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫

 

プランテル

 

▲目次に戻る

 

 

チャップアップと薬用プランテルの成分を徹底比較!

 

チャップアップ成分一覧

チャップアップは全44種類の育毛成分が配合されております。
チャップアップの育毛成分内訳には大きく、厚生労働省に育毛効果を認められた育毛有効成分、頭皮の皮脂過剰分泌抑制成分、頭皮の硬化改善成分、頭皮環境改善成分、5αリダクターゼ抑制成分、血流改善成分、アミノ酸成分と目的別にわかれております。

 

チャップアップはこれらの多種多様な育毛成分を配合することで、様々な角度から育毛に必要な頭皮環境改善にアプローチすることが出来るのです。
特にチャップアップには、頭皮の血行促進成分や抗炎症作用がある育毛成分が多いため、抜け毛を減らしたい以外に、頭皮の軽い皮膚トラブルも同時に解消したい方にもお勧めです。

 

≪チャップアップの注目成分≫
チャップアップに配合されているミツイシコンブ由来エキス(M-034)はコンブ、ワカメ(1部位であるメカブを含む)、モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれる育毛成分で、これらの褐藻エキスから抽出した成分のことです。
このM-034には大きく4つの育毛効果が期待出来きます。

 

1、毛髪の支持作用と毛自体を成長させる働きを持つ「外毛根鞘」の増殖を促進

 

2、成長維持因子グロスファクターの生成。血管新生を促進し育毛をもたらす血管内皮増殖因子(VEGF)。毛の退行をブレーキする退行期誘導因子(FGF5S)の抑制因子を生成。

 

3、細胞を活性化させ、育毛に必要な栄養を頭皮に行き届かせる

 

4、ヒアルロン酸と同等の高い保湿力を有し、痛みがちな頭皮を優しく潤す

 

チャップアップに配合されているミツイシコンブ由来エキス(M-034)のこれら4つの育毛効果は育毛には欠かせない重要な働きであり、ミノキシジルに匹敵する効果として注目されている育毛成分です。

 

≪チャップアップの育毛有効成分3種類≫
チャップアップには、厚生労働省によって一定の育毛効果が認められた有効成分が3種類配合されています。

 

センブリエキス

センブリエキスは神の細胞分裂を促進する効果が期待されております。
髪の毛を作っている毛母細胞の働きを活性化すれば、それに比例して髪の毛の生産活動も増えることになるためです。
さらにセンブリエキスには頭皮の保湿作用もあり髪の成長には欠かせないものなのです。

 

グリチルリチン酸

頭皮のトラブルの一つに、頭皮の皮脂の過剰分泌で皮脂が詰まり酸化すると毛穴に炎症が起きることがあります。
育毛促進のためにはこのトラブルを防ぐ必要がありますがグリチルリチン酸にはこの頭皮の炎症を防止する効果があります。

 

ジフェンヒドラミンHC

ジフェンヒドラミンHCは頭皮の血行促進や抗炎症効果など効能がある育毛成分です。
ジフェンヒドラミンHCは湿疹、蕁麻疹、皮膚の炎症、痒みを抑える効果があり育毛や頭皮環境を整えるためにも不可欠な育毛成分であります。

 

≪頭皮の皮脂過剰分泌抑制を目的とした成分2種類≫
チャップアップに配合されているダイズエキスとドクダミエキスには頭皮の皮脂の過剰分泌を抑制する育毛効果があります。
頭皮の皮脂を抑えることで、皮脂をエサとして頭皮の炎症を引き起こす細菌の増殖も抑制することが可能です。

 

≪頭皮の硬化改善目的の成分3種類≫
チャップアップには頭皮の硬化を改善させるウメ果実エキス、チンピエキス、マロニエエキスの3種類の育毛成分が配合されています。

 

頭皮の硬化によって、頭皮環境を悪化させ髪を細く弱い毛になるのを防ぎます。

 

≪頭皮環境改善を目的とした成分10種類≫
チャップアップには、頭皮環境を改善させる保湿作用や抗炎症作用などの育毛効果を持つ成分がアルニカエキス、オランダカラシエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ゴボウエキス、サクラ葉抽出液、セイヨウキズタエキス、ローマカミツレエキス、オドリコソウエキス、ニンニクエキスの10種類が配合されています。

 

≪5αリダクターゼの抑制を目的とした4種の成分≫
チャップアップには、AGAの原因にもなる酵素5αリダクターゼを抑制する育毛成分がオウゴンエキス、チョウジエキス、ビワ葉エキス、ヒオウギ抽出液の4種類配合されています。

 

≪血流改善を目的とした成分12種類≫
チャップアップには頭皮の血行を促進する育毛成分が、センブリエキス、オウゴンエキス、海藻エキス(M-034)、ジオウエキス、ヒキオコシエキス、トウキエキス、ニンジンエキス、シナノキエキス、ショウキョウエキス、センキョウエキス、ボタンエキス、D-パントテニルアルコールの12種類が配合されています。

 

≪アミノ酸13種類≫
チャップアップには髪を作る原材料となるアミノ酸が、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスパラギン酸、L-アラニン、L-フェニルアラニン、L-プロリン、L-スレオニン、L-セリン、L-アルギニン、L-イソロシン、L-ピロリドンカルボン酸、L-バリン、L-ヒスチジン、グリシンの13種類配合されています。

 

薬用プランテル成分一覧

薬用プランテルは育毛剤としては有効配合成分が10種類と少なめです。
しかし、育毛成分の種類は少なくともM字部分や頭頂部のハゲの原因となる男性ホルモン(テストステロン)をいかに抑制するかを追求した独自の脱M字型ソリューション(A-DHTホルモン理論)に基づいて設計されているためどちらかというと、本当にM字型薄毛に特化した育毛剤なので、プランテルはこのような配合成分になったと思われます。

 

ただ、薬用プランテルは頭皮環境を改善する成分数は少ないので、チャップアップほどの育毛効果を期待するのは難しいかもしれません。

 

≪薬用プランテルの育毛有効成分3種類≫
薬用プランテルには、厚生労働省に一定の効果を認められた有効成分が3種類配合されています。

 

セファランチン

セファランチンはツヅラフジ科の植物から抽出された天然由来の有機化合物です。
頭皮の血行促進作用、造血幹細胞増加作用、末梢血管拡張作用があります。 

 

グリチルリチン酸2K

チャップアップ同様、頭皮の炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kがプランテルにも配合されています。

 

センブリエキス

チャップアップ同様、頭皮の血行を促進するセンブリエキスがプランテルにも配合されています。

 

 

≪その他の自然由来の成分7種≫
薬用プランテルのその他の育毛成分は、7種類配合されています。

 

チャップアップ同様に、AGAの原因となる5αリダクターゼを抑制する育毛成分が、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスの2種類配合されています。

 

チャップアップにも配合されている頭皮の血流改善効果のある成分が海藻エキス、牡丹エキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキスの4種類です。

 

最後にチャップアップには配合されていない頭皮の保湿や抗炎症作用のあるプロビタミンB5(パントテニルアルコール)が配合されています。

 

チャップアップと薬用プランテルの成分比較結果

チャップアップと薬用プランテルの育毛成分は、上記を見て頂くとわかりますが、薬用プランテルに配合されている育毛成分はほとんどチャップアップに含まれているため、様々な角度から育毛に必要な頭皮環境改善にアプローチすることが出来るチャップアップのほうが総合的に優れていると思われます。

 

しかし、薬用プランテルに関しては生え際の薄毛改善に特化した育毛剤であり、その原因である5α-DHTをピンポイントで狙いうちし抑制する育毛効果が期待できます。
M字ハゲを重点的に改善したい方には薬用プランテルに軍配があがるかと思われます。

 

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫

 

プランテル

 

▲目次に戻る

 

 

チャップアップと薬用プランテルの頭皮への浸透力を比較

チャップアップと薬用プランテルの頭皮への浸透力の優劣について比較検証します。
育毛剤ではどんなに重要な育毛成分が配合されていようとも、毛穴の奥まで浸透していなければせっかくの育毛効果も宝の持ち腐れです。

 

チャップアップは低分子技術が使用されており、頭皮の毛穴の奥まで育毛成分を浸透させることが出来ます。
チャップアップはこの低分子技術があるからこそ、多種の成分効果を最大限に引き出すことができると言えるでしょう。

 

では薬用プランテルはどうかというと、こちらは薬用プランテルの公式サイトなどを調べましたが低分子技術が活用されている記載はどこにもありませんでした。
正直、今の育毛剤は有効成分を頭皮にしっかり浸透させるコンセプトで開発しているメーカーが多い中、この薬用プランテルは、頭皮の浸透力に特別な技術が使われていないとなると育毛効果にも多少なりとも影響がみられるような気がします。

 

なので個人的には、薬用プランテルは頭皮への浸透力に関してマイナス要素だと思われるのでチャップアップのほうが優れていると言えるでしょう。

 

チャップアップと薬用プランテルの返金保証期間を比較

 

チャップアップ                           
・商品注文後30日以内に事前連絡必要(初回購入限定で1回限り) 
・定期コースの場合は、期限なしの永久保証(初めの1本のみ)

 

薬用プランテル
・商品到着後30日以内に事前連絡必要(初回購入限定で1回限り。定期便は1本目のみ対象。3本セットは2本目開封した段階で適用外)

 

チャップアップと薬用プランテルの返金保証期間の違いですが、チャップアップは定期コースの場合、初めの1本分であれば注文後から永久に保障されますが、薬用プランテルは商品到着後から30日以内とかなり条件が違います。

 

圧倒的にチャップアップの方が、返金保証期間の条件が良いですね。
ただ、チャップアップもプランテルも一度返金保障を利用すると以降は購入が出来なくなるのでそのあたりをよく考慮し制度を活用してください。

 

チャップアップは返金保障制度利用後も購入が可能な点は高評価です。
ただし、チャップアップは一度利用した場合は、返金保障制度利用後はもう使えないので注意してください。

 

このようにチャップアップと薬用プランテルの返金保証には、違いがありますが2つともきちんと全額返金保障はあるもののその条件に大きく差があるため、チャップアップの返金保証制度の方が優れているという評価をさせて頂きます。

 

チャップアップと薬用プランテルの頭皮への刺激と副作用を比較

チャップアップと薬用プランテルの頭皮への刺激について比較検証していきます。
チャップアップには香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、シリコン、合成ポリマータール系色素、動物性原料、酸化防止剤が一切含まれていないので、頭皮への副作用などの心配はほぼありません。

 

薬用プランテルもパラベン、鉱物油、香料、医薬部外品は一切含まれていないので、無添加になっており、過剰な化学成分に頼らず、人が備えている活力をサポートするため自然由来の植物成分を使うことで、健やかな毛髪へと導くことを目的として開発されています。

 

チャップアップと薬用プランテルの2つとも育毛に必要な成分以外で、人体に悪影響が考えられる成分は使用しないことで、育毛効果を維持しつつ頭皮にも優しく使い続けることができるようですね。

 

チャップアップと薬用プランテルで若干の成分の違いがありますが、どちらの育毛剤も頭皮に悪影響を与えてしまうものは、使用しない方針をとっているため頭皮への刺激は一切感じることはありませんでした。
また、副作用も実体験からまったくありませんでしたのでチャップアップと薬用プランテルとも安心して使用することができます。

 

 

チャップアップと薬用プランテルの育毛サプリを比較

チャップアップは育毛剤に育毛サプリとセットで使用するのがメジャーですが、薬用プランテルは育毛サプリを一緒に使用することを同封されている紹介本にも記載はされていますが、別売りの育毛サプリの値段も高いこともあるため、チャップアップほど育毛剤と育毛サプリのセットで活用されているとは個人的には思えませんでした。

 

薬用プランテルは、育毛剤と育毛サプリのセット販売も確認できましたが、上記でも記載したようにチャップアップのほうが断然安いです。
そのため、プランテルサプリはどちらかというと経済的に余裕があり育毛サプリも使いたいと思う方は育毛剤と一緒にどうぞ!というオプションサービスだと考えています。

 

薬用プランテルの育毛サプリの成分とチャップアップのサプリの成分を比較のため下記に記載していきます。

 

≪チャップアップサプリの配合成分≫
チャップアップサプリの配合成分について紹介していきたいと思います。

 

チャップアップサプリにはAGA(男性型脱毛症)に効果のある育毛成分が、ノコギリヤシエキス、フィーバーフュー乾燥エキス、キダチアロエの3種類が配合されています。
プランテルサプリにもノコギリヤシエキスは配合されていますが、フィーバーフュー乾燥エキス、キダチアロエは配合されていないため、AGA(男性型脱毛症)対策にはチャップアップサプリの方が育毛効果が高いです。

 

チャップアップサプリの頭皮環境を改善させる育毛成分は、シャンピニオンエキス末、チオクト酸、オート麦地上部エキス、セルロース、ステアリン酸カルシウム、チャ抽出物、ヒアルロン酸、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンAが配合されています。
プランテルサプリには配合されていない頭皮環境改善成分も多く配合されているので、チャップアップサプリの方が育毛効果が高いと言えます。

 

チャップアップサプリの頭皮の血行促進成分は、L-シトルリン、ローズマリー、マカ末、ナイアシン、ビタミンB12、ケイヒ、葉酸が配合されています。

 

チャップアップサプリの髪の毛を強くする育毛成分は、食用酵母、L-ヒスチジン、L-プロリン、L-フェニルアラニン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンDが配合されています。

 

チャップアップサプリにはこれら30種類もの育毛成分が配合された育毛サプリであり、チャップアップの育毛剤と併用することで、身体の外部と内部の両方から育毛をサポートすることが可能となります。
特にチャップアップサプリに含まれるノコギリヤシエキスに関していえば、AGA治療薬であるプロペシアと同等の作用が期待でき5αリダクターゼ抑制効果により抜け毛防止作用は絶大です。

 

≪プランテルサプリ≫
薬用プランテル公式ホームページに記載されている育毛サプリの全14種類の成分です。

 

プランテルサプリのAGAへ効果的な育毛成分は、ノコギリヤシ果実エキス油、大豆胚芽抽出物のみです。

 

プランテルサプリの血流促進成分は、サフラワー油、黒胡椒抽出物の2種類です。

 

髪を強く太くする栄養は、ミレットエキス末、亜鉛含有酵母、発酵黒生姜末、ガニアシエキス末、ケラチン加水分解物の5種類が配合されています。

 

プランテルサプリの頭皮環境改善成分は、グリセリン、ミツロウの2種類です。

 

チャップアップと薬用プランテルの2つの育毛サプリは、どちらもノコギリヤシエキスと亜鉛を配合されており育毛には欠かせない育毛成分でどちらも評価できます。

 

残りの配合成分はだいぶ違いますが、チャップアップサプリもプランテルサプリも、頭皮環境を内面から改善し、育毛剤の効果を最大限引き出すことを目的とした成分なので、どちらも相応の育毛効果は期待できると思います。

 

ただし、チャップアップと薬用プランテルの両者は育毛効果が良くても価格に大きな開きがあるので、総合的にはチャップアップサプリのほうが安く、育毛成分数も多いためお得といえるでしょう。
これだけ育毛効果が期待される育毛サプリを実施1030円で購入できるチャップアップはかなりの優良商品と言えるはずです。

 

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫

 

プランテル

 

▲目次に戻る

 

 

チャップアップと薬用プランテルの形状比較!使いやすいのはどっち!?

育毛剤は毎日継続して結果が出るまで長期間使用しなくてはいけません。
なので、できるだけ使い勝手のいい育毛剤の方が面倒くさくならずに続けやすいと思います。
そこで、チャップアップと薬用プランテル2つの育毛剤の形状はどうなのか、違いはあるか比較検証してみました。

 

チャップアップと薬用プランテルの両者はともに、必要な箇所に必要な分だけ霧吹き状で使用するスプレータイプの形状となっています。
同じスプレータイプなので、使用感に特に違いがないかと言ったらそうではありません。

 

実際に使ってみると、チャップアップのほうはプッシュした際に霧吹き状ではなく勢いよく噴射口から液体が飛び出す水鉄砲のようなタイプです。

 

対して薬用プランテルのほうは、プッシュした際に広範囲に霧吹き状に液体を散布するタイプです。
以前比較させて頂いたM-1育毛ミストとほぼ同形状となっています。

 

チャップアップと薬用プランテル、どちらも同じスプレータイプですが、このように些細な違いが出てきます。
薬用プランテルは広範囲のため、頭皮だけではなく髪の毛にも液が付いてしまうため、個人的にはチャップアップのほうが、頭皮に対してピンポイントに必要最低限の使用が可能なため、使いやすかったです。

 

ただ、これに関しては人によって好みがわかれると思いますので、そこまで気にする必要はないですが、参考までに紹介させて頂きました。

 

 

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫

 

プランテル

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加