ミノキシジル育毛剤の効果

AGAクリニックや市販商品のリアップX5プラスなどに配合されている有効成分ミノキシジルは、AGA対策で評判もよく人気です。

 

この記事では、発毛医薬成分ミノキシジルが配合された日本と海外の育毛剤の効果について解説します。

 

目次

 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルはAGA治療薬として知られている発毛医薬品です。

 

日本皮膚科学会が作成したAGA治療診療ガイドラインでは、AGAの症状に一定の有効性を認めたフィナステリドとミノキシジルが唯一の推奨度A判定になります。

 

AGA(男性型脱毛症)による薄毛の症状は、頭頂部ハゲとM字ハゲが進行していくのが特徴です。

 

M字ハゲと頭頂部ハゲだけが進行していく原因は、M字部分の生え際と頭頂部には男性ホルモンと結びつく器官があるのと、髪の命でもある血行不良が起こりやすいことの2つ。

 

そこで、ミノキシジルをM字部分とつむじ部分の頭皮に塗布することで、頭皮の血管を拡張し血流を改善することで、毛根(毛球)に栄養を送り込むことができるんです。

 

これにより毛乳頭細胞、毛母細胞が活性化し発毛に至るというわけなんです。

 

このミノキシジルの発毛環境を整える効果により、AGAを発症した人に男性ホルモンを抑えるタイプのフィナステリドとミノキシジルを併用し薄毛治療薬として使用されています。

 

高い発毛力を持つミノキシジルですが、使用方法は1日2回で最低半年は続ける必要があります。

 

いくら発毛成分ミノキシジルが発毛する可能性が高いとはいえ、すぐに効果が表れるものでもないんです。

 

ミノキシジルが血管を拡張し、流し込んだ血液によって新しい髪が発毛すると言う性質上、使用をやめるとまた薄毛が進行してしまいます。

 

そのため、より長く使用を続けた方が薄毛治療効果は表れやすいため半年といわず1年とミノキシジルの使用を続けていくのがおすすめなんです。

 

▲目次に戻る

 

ミノキシジルの副作用に注意

ミノキシジルが配合された発毛薬には以下の症状のような高い副作用のリスクがあるので注意が必要です。

 

・低血圧
・多毛症(飲むタイプのミノキシジルのみ)
・初期脱毛
・循環器系
・頭皮環境の悪化

 

ミノキシジルは、もともと高血圧の人の血圧を下げるための治療薬として使用されていました。

 

そのため、もともと血圧が低い人がミノキシジルを使用するとさらに血圧が低くなり吐き気や頭痛、めまいなどの症状が起こる危険性があるんです。

 

また、飲むタイプのミノキシジルタブレットの場合は、血管拡張効果が全身に作用するため血液を体に循環させる循環器系のトラブルの動悸などが報告されています。

 

どんな影響が出るかわからないため、低血圧の人や、高血圧の人は使用を控えた方が良いでしょう。

 

ミノキシジルは刺激の強い成分なので、塗るタイプ(外用薬)の配合濃度によっては、かゆみや発疹が発生する可能性も高いので、敏感肌の人や肌荒れしやすい女性には使用感が悪く注意して使うようにしてください。

 

ミノキシジルの副作用について詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

 

育毛剤に含まれる「ミノキシジル」にはどのような副作用があるのか?

 

▲目次に戻る

 

 

ミノキシジル配合の育毛剤

ミノキシジル配合の育毛剤は、日本ではリアップのみ、海外では代表的な3種類があります。

 

リアップ

リアップは、日本で発売されているミノキシジルが配合された唯一の発毛剤です。

 

もともとはアメリカで発売されていたロゲインが、その後日本で日本版ロゲインのリアップとして名前を変え発売された経緯があります。

 

リアップはシリーズ化していて以下のラインナップを揃えています。

 

リアッププラス(ミノキシジル1%)
リアップジェット(ミノキシジル1%、噴射式タイプ)
リアップx5プラス(ミノキシジル5%)
女性用リアップリジェンヌ(ミノキシジル1%)

 

価格は一番高いリアップx5プラスで7000円弱。

 

副作用はミノキシジルの含有量が高くなればなるほど強くなっていくので、まずは1%から試してみて問題ないようであれば配合濃度を上げるのがいいかもしれません。

 

リアップX5プラスの公式サイトを見る

 

このサイト内でのリアップX5プラスの詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

 

リアップX5プラスの口コミと効果

 

▲目次に戻る

 

海外のミノキシジル育毛剤

次に海外のミノキシジル育毛剤を紹介します。

 

有名な商品がポラリス社のポラリスシリーズと、ロゲイン(リアップの海外版)、カークランドの3種類です。

 

これらの製品は日本では認可されていません。

 

そのため購入したい場合は、個人輸入代行を利用するしか方法がありません。

 

個人輸入代行の有名な販売サイトではオオサカ堂があります。

 

ただ、個人輸入での購入はすべて自己責任のため、粗悪品が送られてきたり、万が一副作用が起きた時にすぐに医師に相談できず自分で対応しなければならないデメリットがあるためおすすめはしません。

 

▲目次に戻る

 

ロゲイン

ロゲインには男性用5%、女性用2%の2種類があります。

 

現在の価格は1本当たり3000円程度。

 

ロゲインは、リアップの海外版で成分などの内容は同じです。

 

リアップと比べると半額近く安い値段で買えることから、日本でも知名度も高く愛用者も多いんです。

 

▲目次に戻る

 

カークランド

カークランドはロゲインのジェネリック医薬品になります。

 

ジェネリック医薬品は成分も効果も同じで、違うのはロゲインよりも価格が安い点にあります。

 

ミノキシジル5%の配合濃度で、サイトや時期によっても異なりますが、2000円から3000円で購入できるほど安価な製品です。

 

▲目次に戻る

 

ポラリス

ポラリスは、ポラリス社から販売されている日本でも利用者の多いミノキシジル発毛剤です。

 

ポラリスの配合成分には、ミノキシジル以外にもりんごポリフェノールなどの育毛に効果的な成分が配合されているところが他の育毛剤との違いです。

 

ポラリスNR-07から11まであって5%から16%まで選べるのが特徴です。

 

特にポラリスNR-11にはミノキシジルに加えて男性ホルモンを抑えるフィナステリドも配合されているので、薄毛がかなり進行している人には高い効果を発揮するでしょう。

 

ポラリスは最大で16%と日本では発売されていない配合濃度も出ているので、完全に自己責任になりますが、副作用の可能性はかなり高くなるので使用は慎重に検討する必要があります。

 

ポラリスについて詳しい情報は以下の記事にまとめてあるのでご覧ください。

 

育毛剤ポラリスの効果と副作用

 

▲目次に戻る

 

 

医薬部外品の育毛剤なら副作用がない

外用発毛医薬品のミノキシジルの使用は副作用の問題が大きいため誰でも行える薄毛治療方法ではありません。

 

その点、医薬部外品の育毛剤であればミノキシジルと同様の血行促進効果を備えながら副作用のない安全性の高い育毛対策を行うことができます。

 

特に、このサイトでもおすすめしているチャップアップなら81種類の成分が、頭皮の血行促進作用から、男性ホルモン抑制作用、頭皮環境改善作用など総合的な育毛対策が可能です。

 

ミノキシジルのように頭皮の血流を改善しながら、毛包を強くする発毛促進成分が抜け毛を防いでくれます。

 

チャップアップの公式サイトを見る

 

このサイト内でのチャップアップの口コミや体験談は以下の記事をごらんください。

 

チャップアップを試してみた感想と口コミ

 

このサイト内でのおすすめ育毛剤がわかる育毛剤ランキングは以下をご覧ください。

 

育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加