プロペシアは遺伝によるハゲに効果がある

男性の薄毛の主原因は、男性ホルモンが関わっている男性型脱毛症(AGA)です。

 

AGAは遺伝性の薄毛となっており、自然に治ることはありません。

 

男性型脱毛症の特効薬として開発され実用化されているのがプロペシア(フィナステリド)です。

 

プロペシアは臨床試験によって発毛効果がはっきりと認められており、遺伝によるAGAで悩んでいる方の救世主となっているのです。

 

このページを読めばプロペシアに関する以下の情報がわかります。

 

・プロペシアが遺伝によるAGAに効くメカニズム
・もしもプロペシアが効かなかった場合にはどういった対策が有効なのか

 

遺伝によるハゲの症状はAGAなのでプロペシアが効く

まず「AGAは遺伝性の薄毛の症状である」ということを理解しておかなければなりません。

 

一般的にAGAは男性ホルモンが多いことで薄毛になると思われていますが、実際には異なります。

 

男性ホルモン量が多くなる体質が遺伝されるからAGAになるのではなく、酵素の5αリダクターゼと呼ばれる物質の働きが活発になる体質が遺伝されることでAGAになってしまうのです。

 

AGAは男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合するとジヒドロテストステロン(DHT)が生み出されます。

 

DHTは毛母細胞に対して「髪の毛を作るな」といった司令を出すので男性型脱毛症が発症してしまうのです。

 

男性ホルモンは睾丸を持っている男性であれば誰しも一定以上の量が分泌されています。

 

問題はその男性ホルモンと結合する5αリダクターゼです。

 

DHTの影響を特に受けやすいのは、M字ハゲの前頭部とてっぺんハゲの頭頂部です。

 

ちなみにAGAの遺伝は父親からされるのではなく、母方遺伝であることも明らかにされています。

 

プロペシアが遺伝によるAGAに育毛効果を発揮するメカニズム

プロペシアには脱毛を促すDHTの量を減らす作用があります。

 

DHTは男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合することによって生み出されるわけですが、プロペシアの有効成分のフィナステリドには5αリダクターゼの働きを弱める作用があるのです。

 

結果として、プロペシアによって5αリダクターゼの量が減ることで、テストステロンと5αリダクターゼが結合しにくくなり、DHTの量が減るというわけです。

 

DHTの量が減ればいままで影響を受けていた毛母細胞も元気になり、再び発毛するようになります。

 

 

プロペシアが効きにくい人もいる

プロペシアには、遺伝による薄毛に対して育毛効果以上の発毛効果があることが分かっています。

 

しかし、プロペシアを服用したすべての人に発毛効果があったわけではありません。

 

遺伝によるAGAであったとしても、プロペシアで薄毛を食い止めることができなかったケースが有るのです。

 

遺伝によるAGAの影響の強さには個人差があります。

 

5αリダクターゼが薄毛に深く関わっているのですが、5αリダクターゼの活性度合いが強い方、それほど強くない方がいます。

 

仮に5αリダクターゼの活性度合いが低ければプロペシアを利用すればすぐに効果は出るでしょう。

 

活性度合いが低ければフィナステリドによって5αリダクターゼの動きが完璧に近い形で封じられるので、DHTがほとんど生み出されなくなるからです。

 

一方で活性度合いが高い方は、プロペシアで少し活性度を下げたとしても改善するには至りません。

 

フィナステリドには5αリダクターゼの働きを完全に封じることは出来ません。

 

もともと活性度が高い方はDHTの分泌量が多少減る程度の効果しか得られないので、継続的に毛根がAGAの影響を受け続けることになってしまうわけです。

 

ただ、たとえ遺伝による薄毛が改善はできなかったとしても、プロペシアで状態を維持するということは可能です。

 

プロペシアの効果の1つに「頭髪の維持」があります。

 

プロペシアで爆発的な発毛効果は得られないものの、いま以上は薄くならないといった結果が得られる可能性もあります。

 

もう一点注意しなければならないのが、男性の薄毛の原因の全てが遺伝によるAGAではないという部分です。

 

頭皮の血行不良や頭皮環境の悪化が関わっている事もあります。

 

プロペシアは遺伝によるAGAにしか発毛効果を発揮しないので、他の原因で薄毛になっている場合には無力です。

 

 

プロペシアが効かない場合

 

AGA以外の原因で薄毛になっている

プロペシアが効かない場合は、自分の薄毛の状況を確認してみましょう。

 

前頭部や頭頂部を中心に薄くなっているでしょうか。

 

前頭部や頭頂部の薄毛に該当する場合には遺伝によるハゲである確率が高く、プロペシアが発毛効果を発揮する可能性が高いです。

 

一方で全体的に少しずつ薄くなっている、という場合には遺伝によるハゲではない可能性が出てきます。

 

遺伝によるAGAが原因でない薄毛の場合、プロペシアでは対抗できない薄毛なので他の対策を考えなければなりません。

 

AGA以外の原因の薄毛は、偏った食生活や睡眠不足などの生活習慣が関連している可能性があります。

 

生活習慣は髪の毛の成長にも関わってきますし、頭皮環境にも強い影響を与えます。

 

5αリダクターゼのT型が関わっているAGAである

遺伝による男性型脱毛症は5αリダクターゼのT型とU型が関わっていることがあります。

 

プロペシアはU型にしか阻害効果を発揮しません。

 

仮に5αリダクターゼのT型が関わってAGAになっている場合にはプロペシアでは発毛効果を発揮してくれないのです。

 

5αリダクターゼのT型の影響でAGAになっている場合は、5αリダクターゼのT型とU型の両方を阻害できるザガーロの利用が適切です。

 

 

遺伝によるハゲにはなるべく早くプロペシアを使用する

長期間5αリダクターゼの影響に晒され続けている毛根は、プロペシアを利用したとしても復活はしにくいです。

 

そうなる前により早い段階でプロペシアを利用しなければなりません。

 

完全に毛がなくなった部位から発毛させることは、プロペシアのような医薬品であろうと難しいのです。

 

前述したようにAGAは遺伝です。

 

しかも母方遺伝なので、母方の祖父の頭髪状況をチェックすれば将来的に自分にAGAが発症するかはある程度予想できるわけです。

 

もしも母方の祖父の前頭部や頭頂部が薄かった場合で、自分の前頭部や頭頂部も薄毛の症状が表れたら早めにプロペシアで対処しましょう。

 

 

プロペシアの購入はAGAクリニックが安全

プロペシアは医薬成分が配合されており副作用の危険性も指摘されています。

 

プロペシアを個人輸入で安く手に入れることも可能ですが、偽薬などが紛れ込んでいる可能性もあり注意が必要です。

 

AGAクリニックであれば、医師の問診や目視さらにマイクロスコープによる診察やAGA遺伝子検査などしっかりと診断してもらった上に 正規のプロペシアを処方してもらうことが可能です。

 

プロペシアは服用をやめると脱毛が始まるため、長期的に利用していく医薬品です。

 

だからこそ、プロペシアは安全性の高いAGAクリニックで手に入れましょう。

 

プロペシアを安全に処方してもらえるAGAクリニックは以下のページに詳しく解説してあります。

 

AGA最新治療ヘアメディカルについてハゲ治し隊が徹底解剖!

 

 

プロペシアの副作用が気になる人は育毛剤もおすすめ

プロペシアには性的な副作用(勃起不全や精液の減少等)があることが確認されています。

 

プロペシアの副作用が心配な方は育毛剤の利用がおすすめです。

 

育毛剤は植物系の育毛成分が配合されており、しかも頭皮に優しいです。

 

オウゴンエキスなど、5αリダクターゼの抑制成分は配合されているので、遺伝によるハゲにも育毛効果があって、プロペシアと似ている作用がある育毛成分も配合されています。

 

育毛剤であればプロペシアにはない頭皮の保湿成分や頭皮の抗炎症成分など頭皮環境を改善させる機能もあるので、総合的な育毛対策をしたい人にも育毛剤は適しているのです。

 

遺伝によるハゲの症状でもあるM字ハゲとつむじハゲに、育毛効果の高い育毛剤をランキングにし以下のページにまとめました。

 

つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング

 

m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング

 

 

関連記事

遺伝子検査でハゲやすいかがわかる
男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加