薬用ポリピュアEXと薬用プランテルを比較

育毛効果が高い育毛剤として注目されているのが「ポリピュアex」と「プランテル」です。
どちらも利用したいところですが、費用面も考えると難しいでしょう。

 

こちらでは独自成分配合の薬用ポリピュアEXとM字はげに特化した薬用プランテルの2つの育毛剤を徹底的に比較します。
薬用ポリピュアEXと薬用プランテルの有効成分や価格、さらに返金保証といった面から比較し、どっちの育毛剤が良いのか結論を導き出します。

 

 

薬用ポリピュアexと薬用プランテルの育毛効果で比較

 

薬用ポリピュアexの有効成分

・センブリエキス
・グリチルリチン酸2K
・ニンジン抽出液

 

薬用ポリピュアexには上記の3つの有効成分が配合されています。
センブリエキスには頭皮の血行促進作用があり、髪の毛が成長しやすい環境を整えてくれます。

 

グリチルリチン酸2Kは、頭皮の抗炎症作用と殺菌作用があり、頭皮環境を整える機能があるのです。

 

ニンジン抽出液には、頭皮の消炎作用や血行促進作用があり、頭皮環境整えるとともに、髪の毛が生えやすい環境を作ってくれるわけです。
またニンジン抽出液には抗アレルギー作用があり、アレルギーによる炎症が起こってしまうようなことを予防してくれます。

 

薬用ポリピュアexの独自成分で注目されている「バイオポリリン酸」ですが、まだ厚生労働省に有効成分であるとは認められていません。
バイオポリリン酸の機能に関しては「ポリピュアexのその他の成分」にて解説します。

 

薬用プランテルの有効成分

・センブリエキス
・セファランチン
・グリチルリチン酸2K

 

薬用プランテルには上記の3つの有効成分が配合されています。
センブリエキスには頭皮の血行促進作用があります。
頭皮の血管が拡張し、髪の毛を作る毛母細胞や毛乳頭細胞に栄養が送られやすくなるので、発毛を促してくれるような機能が期待できるわけです。

 

セファランチンにも頭皮の血行促進作用があります。
末梢血管の拡張作用があり、さらに造血機能の回復効果も期待できます。
セファランチンは血行不良による薄毛に対抗できる育毛成分なのです。

 

グリチルリチン酸2Kに関しては、薬用ポリピュアEXで前述したように頭皮環境を改善させる作用があるため、頭皮の炎症を抑え、さらに菌によるフケやかゆみも抑制してくれます。

 

ポリピュアexのその他の成分

薬用ポリピュアEXには独自成分である「バイオポリリン酸(ポリリン酸ナトリウム)」が配合されています。
バイオポリリン酸のメインの機能は頭皮の保湿作用で、頭皮環境を改善させる機能が期待できる育毛成分なのです。

 

ちなみに薬用ポリピュアEXに配合されている「加水分解コラーゲン末」や「ユーカリ油」にも頭皮の保湿機能があります。
薬用ポリピュアEXには頭皮環境が悪化している方に対して良い育毛効果を発揮してくれる成分が複数入っているのです。

 

薬用ポリピュアEXには男性型脱毛症対策が出来る育毛成分である「ヒオウギ抽出液」も配合されています。
男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼによって生成されるジヒドロテストステロンによってもたらされます。
薬用ポリピュアEXに配合されているヒオウギ抽出液には、5αリダクターゼの抑制効果があるため、AGAで悩む人にとっては救世主的な育毛成分です。

 

薬用ポリピュアEXには「チョウジエキス」も配合されていますが、頭皮の血行促進や消炎作用、さらに殺菌作用や抗菌作用があり、髪の毛を作るための栄養を細胞に送り届け、さらに頭皮環境を整える機能まで期待できます。

 

薬用プランテルのその他の育毛成分

薬用プランテルには男性型脱毛症の方にとって役立ってくれる育毛成分がしっかりと配合されています。
薬用プランテルにはM字はげにも育毛効果がある成分を用いており、ヒキオコシエキスと海藻エキス、さらにはヒオウギエキスが配合されていて、前頭部や頭頂部の薄毛に対抗しているのです。

 

薬用プランテルには頭皮環境を改善させる育毛成分として、ビワ葉エキス・シナノキエキス・ボタンエキスを配合しています。

 

ビワ葉エキスには抗エレルギー作用や抗菌殺菌作用、さらに抗炎症作用などが確認されています。

 

シナノキエキスには頭皮の保湿作用や消炎作用、さらに抗酸化作用も期待できます。

 

ボタンエキスには頭皮の消炎作用が期待できるのです。
頭皮環境の悪化による薄毛にも薬用プランテルは対抗できるということになります。

 

ちなみにボタンエキスとシナノキエキスには頭皮の血行促進作用もあり、有効成分のセンブリエキスの作用をサポートするような育毛効果も期待できます。

 

薬用ポリピュアEXと薬用プランテルの育毛成分を比較すると、薬用プランテルの方が若干男性型脱毛症対策ができる育毛成分がしっかりと配合されている印象です。

 

配合全成分を比較する

 

【薬用ポリピュアEXに配合されている全成分】
・有効成分・・・センブリエキス、ニンジン抽出液、グリチルリチン酸ジカリウム
・育毛成分・・・ポリリン酸ナトリウム、酵母エキス、加水分解コラーゲン末、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ユーカリ油

 

【プランテルに配合されている全成分】
・有効成分・・・センブリエキス、グリチルリチン酸2K、セファランチン
・育毛成分・・・ヒオウギエキス、ボタンエキス、ビワ葉エキス、シナノキエキス、海藻エキス、ヒキオコシエキス、プロビタミンB5

 

※アルコールなど育毛にそれほど効果をもたらしてくれない成分は除きました。

 

薬用ポリピュアexの成分数は9種類、プランテルの成分数は10種類です。
育毛成分数ではプランテルが有利ですが、配合成分から薬用ポリピュアを有利と判断します。

 

薬用ポリピュアexには独自成分のポリリン酸ナトリウム(バイオポリリン酸)を配合しているのです。
バイオポリリン酸には基本的には頭皮の保湿作用があるとされていますが、かなり研究が進んでおり以下のような育毛効果が指摘されています。

 

・毛乳頭細胞に刺激を与えて活性化する
・髪の毛の成長に関わる成長因子のFGFを活性化させる

 

ポリリン酸ナトリウムには、髪の毛の根幹に関わる細胞や成長因子というものにまで作用が与えられることが分かってきているわけです。
さらに、頭皮への浸透力が高いことも分かっているため、肌の奥へ浸透しやすく、育毛効果が得られやすい成分なのです。

 

配合成分に関しては薬用プランテルが悪いわけではありませんが、ポリリン酸ナトリウムの有無で薬用ポリピュアEXを有利と判断します。

 

薬用ポリピュアexの公式サイトを見る

 

薬用プランテルの公式サイトはコチラ

 

 

薬用ポリピュアexと薬用プランテルを価格で比較

 

薬用ポリピュアexの価格

・都度購入価格・・・7,800円
・定期購入価格・・・6,800円

 

【コストパフォーマンス(1本あたり60日分)】
・都度購入時のコスパ・・・1日あたり130円
・定期購入時のコスパ・・・1日あたり約113円

 

薬用プランテルの価格

・都度購入価格・・・8,200円
・定期購入価格・・・6,980円

 

【コストパフォーマンス(1本あたり50日分)】
・都度購入時のコスパ・・・1日あたり164円
・定期購入時のコスパ・・・1日あたり139.6円

 

価格は薬用ポリピュアが少し有利

1本あたりの価格もコスパも薬用ポリピュアEXが有利です。
しかし、薬用ポリピュアEXと薬用プランテルの双方とも育毛剤の中ではかなり低価格です。
1日あたりのコスパが普通に300円以上してしまう育毛剤も少なくありません。
薬用ポリピュアEXと薬用プランテルのどちらも経済的な育毛剤です。

 

薬用ポリピュアexの公式サイトを見る

 

薬用プランテルの公式サイトはコチラ

 

 

薬用ポリピュアexと薬用プランテルを返金保証で比較

 

薬用ポリピュアexの返金保証

薬用ポリピュアexは商品が到着した後45日以内であれば全額返金保証の対象となります。

 

薬用プランテルの返金保証

薬用プランテルは商品が到着してから30日以内であれば全額返金保証の対象となります。30日以上の長期間の返金保証に対応している育毛剤も多くなってきたので、薬用プランテルでは物足りなさを感じるでしょう。

 

薬用ポリピュアexの方が有利

返金保証の対象期間が薬用プランテルに比較して15日間長いので薬用ポリピュアEXの方を有利とします。
頭皮への使用感や副作用の有無などを長く確かめられるのが薬用ポリピュアEXです。

 

薬用ポリピュアexの公式サイトを見る

 

薬用プランテルの公式サイトはコチラ

 

 

まとめ

総合的に判断して、薬用プランテルよりも薬用ポリピュアexのほうがおすすめの育毛剤と言えます。

 

まずは薬用ポリピュアexの配合成分に目を向けましょう。
独自成分であり、様々な育毛効果が確かめられつつある注目なポリリン酸ナトリウムを配合しているのが薬用ポリピュアexです。
さらにコストパフォーマンスや返金保証でも薬用プランテルを上回っています。

 

薬用ポリピュアEXと薬用プランテルで悩んだら、素直にポリピュアを選択しましょう。

 

薬用ポリピュアexの公式サイトを見る

 

薬用プランテルの公式サイトはコチラ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加